1分でもいいんで有名になったことがある人? 「自分の顔がプリントされたバスの後ろを運転するのは気まずい気分だったわ」

access_time create folder政治・経済・社会

”ジョン・レジェンドの妻”として知られるモデルのクリッシー・テイゲンが、「1分でもいいんで、有名になったことありますか? バカバカしいけど、ディナーパーティーで話題になるようなものがあれば見てみたいんですけど」とTwitterで呼びかけたところ、多くの反応がありました。

https://twitter.com/honeybluuud/status/1255971065429442562
「6才の時、クラフトのマカロニ・アンド・チーズのコンテストで優勝しました。1万5000ドルの賞金とオーランド旅行だけでなく、マカロニ・アンド・チーズの箱に写真が掲載されました」

https://twitter.com/dcopaken/status/1256200720510078980
「ロシアでクーデターが起こった1991年、モスクワを拠点にフォトジャーナリストとして活動していました。背が小さかったので、何が起きているのか見ようとして戦車の上にのぼろうとしたら、追い払われそうになりました。翌日、ロシアの抵抗運動の顔として新聞に掲載されました。アメリカ人なんですけどね」

https://twitter.com/Frantasy_Island/status/1256353346409000960
「数年前、ニュージーランドの炭酸飲料会社の広告になったの。”派手で変わった人”を探していた会社からアプローチされたんだけど、自分の顔がプリントされたバスの後ろを運転するのは気まずい気分だったわ」

https://twitter.com/chrissyteigen/status/1255965649194504192
ちなみにクリッシー・テイゲンは、無名時代に『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』に顔出しなしの胸だけが強調されるシーンに出演していたことを告白しています。その時のシーンがこちら。

※画像:Twitterより引用
https://twitter.com/chrissyteigen/status/1255965649194504192

(執筆者: 6PAC)

access_time create folder政治・経済・社会
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧