社員にBluetooth対応体組成計を無償配布!? タニタのテレワーク対策が話題に

access_time create folder政治・経済・社会

新型コロナウイルス流行にともなう外出自粛の風潮で、オフィスに出勤せず自宅でテレワークをしているという方も多いのではないだろうか。

テレワークは自分のペースで肩肘はらずに仕事できるなど利点もあるのだが、ついつい運動不足になってしまうのが悩みのタネ。そんな中、タニタが非常にタニタらしいテレワーク対策を実施して話題になっている。

5月1日、タニタの公式Twitterアカウントは、ゴールデンウィーク、テレワークで太らないようにと社員にBluetooth対応体組成計が無償配布されたと報告。

「世の中的には国民1人あたりに10万円配られるけれど、うちの会社はゴールデンウィーク&テレワークで太らないようにBluetooth対応体組成計が無償で配られた件(マジの話)」


https://twitter.com/TANITAofficial/status/1256169133600735232

タニタと言えば元来の計測器のみならず健康産業にも進出するなどヘルシーな社風で知られるが、このタイミングで体組成計を社員にいかにもタニタらしい。この報告に対して、TwitterなどSNS上では大きな反響が起こっている。

「くそっ、オレもタニタ社員だったら。。。」

「いまはBluetoothになっているんですね!(◎_◎;)」

「配られた10万円で、乗ると真実が見えそうなタニタの体重計を手に入れて、『ほらみろ、ワイ痩せてるやろ?』と嫁に言うつもりです。」

「会社の特性生かしてていいですねっ!
私は太りすぎを自覚し、怖くて体重計には乗れておりません…!」

「タニタ食堂で食わずに自宅で好きなもの食べてたら
体組成計に乗るのは恐怖でしょうね(笑)」

会社から最新の機器を提供してもらえるとは羨ましい限りだが、代わりにアプリで測定した数値は社内で管理され、測定頻度などもチェックされるとのこと。タニタ社員のみなさんが精神的に息苦しくならない程度に機器を活用できればいいのだが。

※画像はTwitter(@TANITAofficial)から引用しました

(執筆者: 中将タカノリ)

access_time create folder政治・経済・社会
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧