ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

ソフトバンク社員が実名でライター本田雅一氏をdisって炎上

ソフトバンク社員が実名でライター本田雅一氏をdisって炎上

ツイッターで、またぞろちょっとした炎上事件が起こっている。

PC・AV関連のフリーランステクニカルジャーナリスト・本田雅一氏が、ITmediaに寄稿したインタビュー記事「au版iPhone 5のLTEエリアは、テザリング対応はどうなるのか――KDDI 田中社長に直撃」(http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1209/13/news087.html)
について、これを読んだソフトバンクの社員が「偶然会ってインタビューとか出来過ぎ。ワザワザ偶然とか嘘が下手過ぎ。 普通に熾烈な情報戦の中でSBのdisり記事執筆依頼を受けてきた、でイイじゃん。」とツイートしたのだ。

短くまとめると、「auのiPhone5はつながりやすくてテザリング機能もすごいらしい」とした記事に対して、ソフトバンクの社員が「ウチのことdisってんの?」と絡んできたというわけ。

ソフトバンク社員が実名でこのような発言をすること自体、あまり穏やかではないが、問題だったのは、その社員がソフトバンクモバイルでウェブ広告を担当する部署、つまりauのiPhone5と直接利害関係のある立場にある人だったということだ。

外野から見ているぶんには、元の記事にはソフトバンクをdisっていると読める箇所は見当たらないし(強いて挙げればKDDIの社長が“口だけ、数字だけ”と発言している部分だろうか)、ITmediaはソフトバンクのグループ企業なのでソフトバンクをdisる理由がないわけで、なんだか滑稽な話のように思える。

しかし、当の記事とは対極にあるステイクホルダーから「嘘が下手」「disり記事」とまで言われてしまった本田氏の怒りは収まらない。「事実無根のdisりはあなたのほう」と、どこが間違いなのか指摘するよう本人に対して説明を求め、それでも返信がなかったことから、ソフトバンクの広報経由で正式に抗議したという。

もっともネット・リテラシーが求められるはずのIT企業の社員にしては、なんとも迂闊な発言だったと言えよう。

画像:問題となった@yudaikoku さんのツイート

※この記事はガジェ通ウェブライターの「ろくす」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき