ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『千日の瑠璃』99日目——私は国旗だ。(丸山健二小説連載)

 

私は国旗だ。

旗竿の先に黒いリボンを垂らして役場の玄関の日常を追い払う、まほろ町では最大の国旗だ。去年のきょうのような、どうでもいい朝が訪れてまもなく、町長は不便な丘の上に住む職員に電話をかけ、私の掲揚を命じた。命じられた男は朝飯も食べず、しかし鬘をつけることは忘れないで家を飛び出し、三十分後には、呼び出した若い部下と共に、言われた通りのことを作法通りにやってのけた。

戦争を知らない部下が言った。「一体全体何の騒ぎですか、これは」と言い、「人間ひとりが歳をとって死んだだけじゃあないですか」と言った。すると、戦争のことを少しは知っている彼の上司は、「おれのほうもくたばってしまいそうだよ」と言い、酒の呑み過ぎで胃に近いところの食道が裂けて血を吐いたことを、なぜか得々と喋った。

私は冬にしては珍しい東の風を受けてへんぽんと翻り、道行く人々に、いつもただ従ってしまう国民に、私に向って責任を鋭く難詰することなど不可能な連中に対し、「謹んで哀悼の意を表わせ」と声高に叫んだ。聞えないふりをする者があまりにも多かったので、私は尚も勢いよくはためき、「どなたが亡くなられたと思っているのか」と居丈高に怒鳴りつけた。「死んだのはおまえだ」という冷罵が浴びせられたのは、その直後だった。そして、高慢な鼻を拉ぐ、民心を離反させる西の風が吹いてきて、私は竿に絡みついた。
(1・7・土)

丸山健二×ガジェット通信

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy