蓮舫議員が安倍首相の星野源さんとのコラボを批判 星野さん側への事前連絡なしの動画投稿に「国会で問い正していきます」

access_time create folderエンタメ

4月3日、歌手で俳優の星野源さんが「誰か、この動画に楽器の伴奏やコーラスやダンスを重ねてくれないかな?」というメッセージとともに「うちで踊ろう」という楽曲の動画をSNSにアップした。多くの人がこれに反応しコラボ動画をSNSに投稿、流行となる中で4月12日には安倍晋三首相がSNSに

友達と会えない。飲み会もできない。
ただ、皆さんのこうした行動によって、多くの命が確実に救われています。そして、今この瞬間も、過酷を極める現場で奮闘して下さっている、医療従事者の皆さんの負担の軽減につながります。お一人お一人のご協力に、心より感謝申し上げます。

かつての日常が失われた中でも、私たちは、SNSや電話を通じて、人と人とのつながりを感じることができます。 いつかまた、きっと、みんなが集まって笑顔で語り合える時がやってくる。その明日を生み出すために、今日はうちで・・・。どうか皆様のご協力をお願いします。 #うちで踊ろう #星野源 さん

というメッセージとともにコラボ動画をアップした。
賛否両論となる中、同12日には立憲民主党の蓮舫参議院議員はTwitterにて安倍首相のツイートを引用し

ご自身が自宅でくつろいでいる様子で、国民も自宅待機をして欲しいと言うのでしょうか。

 

医療現場、福祉関係の現場、ライフライン維持をされている方々、生活のために仕事を休めない方々の気持ちに応えるには、自身の自宅映像や芸能人映像ではなく「自粛と補償はセット」の政策を、安倍総理。

とツイートを行う。また、Instagramでは

これだけは言いたいのです。
危機の最中、国のトップがするべきことが違う、と。
医療現場、福祉の現場、ライフラインを守るために働く方々、生活のために働かざるを得ない方々、家にいられない環境を補償するのが政治です。
総理がすべきは「自粛と補償はセット」の政策を今すぐ実行すること。家でくつろぐ姿をSNSにあげることではない。
しかも、極めて政治性の高い投稿なのに星野さんの事務所、ご本人には事前連絡がないという不見識には言葉を失いました。これも国会で問い正していきます。
#sns #SNS #ツィッター #Twitter #総理大臣 #勘違い #間違い

というコメントとともに首相のツイートのキャプチャ画像を投稿した。

蓮舫議員の投稿について、Twitterでは批判の声が、Instagramでは賛同の声が多いように思われた。また、「国会で問い正していきます」という発言に対しては、「国会でやるような問題なのか」と疑問視する意見も多かったようである。

※画像は『Twitter』より

access_time create folderエンタメ

Taka

元インターネット雑誌編集者。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧