ドラキュラの新作映画の企画が進行中の模様 ジェイソン・ブラムのプロデュースで監督は日系アメリカ人のカリン・クサマさんとの報道

access_time create folderエンタメ

『アス』や『ゲット・アウト』といったヒット作の製作に携わってきたジェイソン・ブラムがプロデュースする新しいドラキュラ映画が近々公開されるかもしれません。

https://twitter.com/THR/status/1237902375932678144
ハリウッド・リポーターによれば、ジェイソン・ブラムが手掛けた低予算映画の『透明人間』(日本では5月1日公開予定)が予想外のヒットとなったことから、新作ドラキュラ映画の企画が進行しているとのことです。監督として、日系アメリカ人のカリン・クサマさんの名前が挙がっていることから、現実的な話であることは間違いなさそうです。

https://twitter.com/RottenTomatoes/status/1237762031156998145
ジェイソン・ブラムの制作会社ブラムハウス・プロダクションズが、ファーストルック契約(優先交渉権の一種)をユニバーサル・ピクチャーズと結んでいることや、1931年公開の『魔人ドラキュラ』の配給がユニバーサル・ピクチャーズだったことなどから、新作ドラキュラ映画もユニバーサル・ピクチャーズが公開することになる可能性が高いとしています。

※画像:Twitterより引用
https://twitter.com/THR/status/1237902375932678144

※ソース:
https://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/new-dracula-movie-works-as-universal-remakes-monsterverse-1283635

(執筆者: 6PAC)

access_time create folderエンタメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧