ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • B2takes!小澤廉×祭nine.寺坂頼我 グループ活動する2人が心がけていることは?映画『BD~明智探偵事務所~』撮り下ろしインタビュー
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

『ドラクエ10』の初動は42万本 これって多いの? 少ないの?

『ドラクエ10』の初動は42万本 これって多いの? 少ないの?

シリーズ初のオンラインゲームとして8月2日に発売された『ドラゴンクエスト10 目覚めし五つの種族 オンライン』が、発売から4日間で42万本の売り上げを記録(エンターブレイン調べ)したことが明らかになった。

この数字をどう見るかについて、「ドラクエの割に少なすぎる」「壮絶な大爆死!」「オンラインゲームの初動としては上出来」など、ネット上ではさまざまな意見が飛び交い、いわゆる“ゲハ論争”が繰り広げられている。たしかに、日本ゲーム市場における最高級ブランドである『ドラクエ』の名を冠したナンバリング最新作であり、前作『ドラゴンクエスト9 星空の守り人』が発売から2日間で234万本の売り上げを記録していることを考えれば、42万本という数字は少なすぎるようにも見える。

でもちょっと待っていただきたい。この『ドラクエ10』はタイトルにもある通りオンラインゲームなのだ。売り切り型のパッケージソフトと月額課金が前提のオンラインゲームとでは、ユーザー数もビジネスモデルも違ってくる点を考慮しなければならないはずだ。

『ドラクエ10』の購入を見送っているゲーマーの声をネット上で探してみると、「Wii U版を待つ」「(追加コンテンツが)全部入りのパッケージが出るまで待つ」といった購入を前提とした前向きな意見のほか、「廃人になるのが怖いからオンラインゲームは遊びたくない」「子どもにオンラインゲームは遊ばせたくない」「月1000円は高すぎる」というような、オンラインゲーム自体に対する抵抗感を示す人が多いことがわかる。長く遊ぼうとすると意外と高くつく月額課金制ともなればなおさらだ。どんなに知名度の高い人気シリーズであっても、オンライン化した時点でユーザー数の減少は避けられないのだ。

このことは、『ドラクエ』と並び称される和製RPGの最高級ブランド『ファイナルファンタジー』をオンライン化した『ファイナルファンタジーXI』のケースを振り返ってみても明らかだ。直前の『ファイナルファンタジーX』が235万本あまりを売り上げていたのに対し、『XI』の初動はわずか6万本。しかし、そこから数々の大規模アップデートや海外版の展開などによって着実にユーザー数を増やし、「利益面では歴代シリーズ中でもトップ」(今年6月に行われたファン感謝イベントにおけるスクウェア・エニックス和田社長の談)となるほどまでに成長し、今でもサービスが続けられている。オンラインゲームは、ユーザー数こそパッケージ販売の人気タイトルに及ばなくとも、細く長く続けていくことができるものなのだ。

そう考えると、42万本という数字も特に悪くはないように思えてくる。ましてや最強ブランドの『ドラクエ』のことだ。本作で初めてオンラインゲームに触れるユーザーも多いことだろう。彼らが“人が人を呼ぶ”理想の循環を巻き起こしたとき、『ドラクエ10』はオンラインゲームにおいても最強の地位を確立することだろう。

 

『ドラクエ10』の初動は42万本 これって多いの? 少ないの?

MMORPG経験者からすると、初動で42万という数字がいかに大きいかわかるはず。スクエニは発売直後にサーバー数を倍に増強。それでも夜のピークタイムには「こんでる」サーバーが多くなる。プレイヤー人口が少なくなってしまった“過疎ゲー”をいまだに遊んでいる記者にとってはなんともうらやましい状況だ。

画像:公式サイトのプロモーションムービーとライブカメラより

 

※この記事はガジェ通ウェブライターの「ろくす」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき