AndroidポケットPC「Cosmo Communicator」がLinuxとのデュアルブートを正式にサポート

access_time create folderデジタル・IT

現代のクラムシェル型 Android ポケット PC としてギーク層に人気の Cosmo Communicator がついに Android と Linux のデュアルブートを公式にサポートしました。
Cosmo Communicator は 6 インチの OLED ディスプレイや QWERTY タイプの物理キーボードを備えたウルトラコンパクトな Android ポケット PC で、スマホのチップセットを搭載しており通話も可能です。
かつて au より発売された IS01 のようなデバイスです。
Cosmo は Android 9 Pie 世代のスマホですから IS01 からはだいぶ進化しています。
Cosmo は発表時点より Android と Linux のデュアルブートをサポートする予定でしたが、実際の対応は遅れており、今週月曜にリリースされた最新のファームウェアでデュアルブート構成への変更が可能となりました。
新しいファームウェアでは、ユーザーが自身で通常のまたはルート化された Debian Linux を Cosmo にインストールし、Android と Linux の並行運用が可能となります。
ただ、Linux のインストールには Cosmo のパーティション割を変更しなければならず、この時、Android 環境のデータは消去されてしまいますので、作業は初心者向けではありません。
Linux の扱いに慣れた方ならデュアルブート環境の構築は朝飯前のことでしょうから、そういう人にとっては大した作業ではありません。
しっかりインストーラーも準備されているのでおそらく通常の環境設定よりも楽かと思います。
Source : Planet

■関連記事
Huawei、Cineカメラを持つ「Honor View 30 Pro」を発表
ICチップ入り・VISAタッチ決済対応 新「Kyash Card」の発行申込がスタート
ソフトバンク、「アメリカ放題」の提供対象をAndroidスマホ・タブレット等に拡大

access_time create folderデジタル・IT
local_offer

juggly.cn

国内・海外のAndroid(アンドロイド)スマートフォン・タブレットに関するニュースや情報、AndroidアプリのレビューやWEBサービスの活用、Android端末の紹介などをお届けする個人運営ブログ

ウェブサイト: http://juggly.cn/

TwitterID: juggly

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧