団野村さんが義父・野村克也さんの遺体写真をTwitterに投稿し賛否 ダルビッシュ有さん「賛否の賛の意味がわからない」

access_time create folderエンタメ

2月11日、プロ野球の選手・監督、また解説者として長年にわたって活躍した野村克也さんが亡くなった。16日、義理の息子である団野村さんが野村克也さんの遺体写真をTwitterに投稿したことでネット上では賛否を呼んでいた。


さまざまな意見が飛び交う中、18日にはMLBのダルビッシュ有さんが『Yahoo!ニュース』に配信された『AbemaTIMES』の

野村克也元監督の遺体写真をSNSに…団野村氏の投稿に賛否 “最期の姿”公開の是非は
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200218-00010025-abema-soci[リンク]

という記事にリンクを貼り、

本人がいいって言ってたならわかるけど、そうでないならダメでしょう。
賛否の賛の意味がわからない。

とツイートを行う。反響を呼び、こちらにもさまざまな意見が寄せられていた。
「ダン野村氏のツイートにはUPしてくれた事に感謝を述べる人もいましたがどう思いますか?ちなみに僕も感謝ツイートをリプしました!」
という返信に対して、ダルビッシュさんは

単に「自分が野村克也さんの最期を見られてよかった」ってことでしょう。 野村克也さん側に立っては考えていないですよね。

と返答。また、他のユーザーとのやりとりでチームメイトから意見を聞いてみるということになり、

チームメイト、スタッフに聞きましたが「尊敬がない」「亡くなって休んでいるのになぜそれをするのかわからない」といったいった声ばかりで「アメリカにそんな文化あるのか?」と聞いたら「聞いたことない」とのことでした。
ただベネズエラや、ドミニカの人には聞いていないのでまた聞いてみます

ともツイートを行っていた。

※画像は『Twitter』より

access_time create folderエンタメ

Taka

元インターネット雑誌編集者。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧