ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

人気シミュレーションゲーム続編が正式リリース!『激突要塞!+』

ss_gekitotsuplus

5月15日にベータ版がリリースされ、ユーザーからのフィードバックを受けながら開発が進められていたFlashゲーム『激突要塞!+』が、正式版としてリリースされました。『激突要塞!』は、クリエーターの“すずぬーと”が2008年に公開し、氏の代表作となった人気ゲーム。『激突要塞!+』は、ユニットの増加や団体戦の導入など、これを大幅にパワーアップさせた続編となっています。

軍資金を使って『玉』と呼ばれるユニットを購入し、自分の要塞をデザインして戦わせるシミュレーションゲーム。敵要塞との“タイマン勝負”に勝つと、軍資金や選べるユニットが増えていき、さらに自分の要塞を強化できるというゲーム内容です。全15ステージ+αの対CPU戦を勝ち抜いて自分の要塞を育てていき、デザインした要塞のデータをパスワードの形式で公開できるのがポイント。『2ちゃんねる』や個人の掲示板などでは、プレイヤーは自慢のパスワードを競って貼り付け、自分のゲーム上で他プレイヤーのパスワードと自分の要塞を対戦させることで、さらにやり込んでいくプレイヤーが続出しました。

このゲームのもうひとつの人気の要因は、ユニットとなる『玉』の存在。それぞれが持つ武器から“弓玉”“剣玉”“銃玉”“爆玉”“盾玉”“魔球”という名前を持っています。要塞をデザインするには、これら『玉』の個性を理解した上で配置や攻撃方向を設定していくのですが、限られた軍資金の中で『玉』を選んでいくうちに『玉』へ愛着を持ち、プレイヤーごとに好みや起用方法が分かれてきます。『激突要塞!+』では、この『玉』の種類が大幅に増加。ベータ版のテスト段階からプレイヤーに研究、議論された結果、バランスが調整された『玉』がそろっています。敵要塞に乗り込む『玉』や攻撃が派手な『玉』など、新しい『玉』を見るには通常ステージを攻略して、軍資金を貯めていきましょう。

“団体戦”のモードも新たに加わりました。従来は自分のセーブデータや他プレイヤーのパスワードなどで“1対1”の対戦を楽しめるモードがありましたが、それに加えて“3対3”の団体戦が楽しめます。敵と味方それぞれに「先鋒」「中堅」「大将」の要塞データを用意して、順次対決していく対抗戦が展開。より遊びの幅が広がりました。ネットでつながるプレイヤー同士もよいですが、リアルの仲間同士でデータを持ち寄り(パスワードはメールにも貼り付け可能)、PCの前に集まってワイワイ楽しむのも盛り上がりそうです。夏休みはまず自分の要塞を育ててから、みんなで自慢の要塞を持ち寄ってプレイしてみるのはいかが?

関連リンク
『激突要塞!+』(ゲームコミュニティ『モゲラ』にて公開中)

■関連記事
ユニットの個性が彩る“スター・システム”の原点――防衛シミュレーションゲーム『地面防衛軍』
48時間以内に名作ゲームをFlashに移植する『むりげー』、第2弾のお題は『スターラスター』
48時間以内に作れ!名作ゲームを“無理やり”Flashに移植するプロジェクト『むりげー』が発足

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。