組立式ロボット「Clicbot」は1000種類のセットアップで200以上のリアクション!

access_time create folderデジタル・IT

走ったり、踊ったり、コーヒーカップを握ったりできる、ユニークな組立て式ロボット「Clicbot」が誕生した。1000種類のセットアップで200以上のリアクションが楽しめ、新しい愉快な家族の一員になりそうだ。

・1000種類のセットアップで200以上のリアクション

Clicbotは、1000種類のセットアップで200以上のリアクションをする組立て式ロボット。撫でるとゴロゴロ言ったり、Clicbotの目を手で覆ったときにユーザーを見つけようと動いたり、充電ステーションに入れたときに興奮したりするなど、ペットのように愛らしい。

50以上のセットアップが事前に用意されおり、登山やダンス、クロールやドライブ、絵を描いたりコップを持ったりできる。

自分でセットアップするのも簡単。モジュールを組合せて新しい形を作り、ロボットを動かして移動する方向を決めるだけ。記録ボタンを押すと、連続した動きが登録でき、コードは必要ない。

より複雑な動きはGoogle Blonklyでドラッグ アンド ドロップ操作をすることでプログラミングでき、子供にコードを楽しく教えるのにも最適。Pythonとも連携しているため、高レベルユーザーは難しいコードも作成できる。

専用アプリは全レベルのユーザー向けに20分のビデオコースを提供しており、コミュニティーで情報共有もできるので便利。

・長く楽しめるスマートロボット

Clicbotの反応をつかさどる脳は、動作センサーやタッチセンサー付きスクリーン、カメラと顔認識、マイクなどを搭載。Clicbotが実際に見ているものは、アプリで確認できる。カメラは顔認識とユーザーの位置検出にも使えるため、ユーザーの後を追うこともできる。

ユーザーのClicbot組立方法やコーディング方法に応じて、Clicbotの性格は調整される。性格の変遷や多様なセットアップで、Clicbotは長く楽しめること間違いなしだ。

現在キックスターターでClicbotはキャンペーンを行っており、すでに目標額の5倍以上を達成。価格は今なら299ドル(約3万2900円)で日本へも25ドル(約2740円)追加で配達してくれる。

Clicbot/Kickstarter

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト: https://techable.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧