30年前ボイジャーが撮影した最も孤独な地球、「ペイルブルードット」が再公開!

access_time create folderデジタル・IT

Image: JPL1990年のバレンタインデー、地球から約60億km離れた位置から地球の肖像が撮影された。「ペイルブルードット」と呼ばれるこの写真は、ボイジャー1号がミッションを終えて太陽系を離れる際、カメラを停止させる34分前に撮られたものだ。

太陽系の家族を表すべく撮られた60枚の写真のなかでもとりわけ有名なこの写真が、最新の画像処理技術により生まれ変わった。再公開された新ペイルブルードットは、元の写真よりも明るく見える。

・太陽の光を再現

「ペイルブルードット」という名は、作家で天文学者のカール・セーガンの本のタイトル(日本版タイトルは『惑星へ』)。カール・セーガンは当時、写真を撮ることをNASAに提案した。

他にも太陽系にある6つの惑星を撮影しているが、この写真では地球の周りに星は見当たらない。

広大な空間にポツンと浮かぶ点が我々の地球。元の写真では孤独感がより強烈だったが、2020年公開版は下方に光が入ったのが印象的だ。光源はもちろん太陽で、元の写真でも目立っていた地球と交差する線は、太陽光線がカメラの光学系で散乱したものとのこと。

・地球を最も遠くから捉えた姿

元の写真では、ボイジャー1号が緑、青、紫の光学フィルターを適用して撮影したものを合成していたが、今回の写真ではこれを赤、緑、青にマッピングし直した。

画像はアラくなるどころかより鮮明に。1ピクセルにも満たない地球がわずかに青く光っているのが確認できる。

この30周年を機に、ボイジャー1号が地球を最遠から捉えた地球の姿に、改めて想いを馳せてみてはいかがだろう。

参照元:Pale Blue Dot Revisited/ JPL

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト: https://techable.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧