国民民主・岸本周平議員「成長ホルモンや成長促進剤を使ったアメリカンビーフの可能性が高く健康には悪い」 SNSへの投稿を吉野家が否定

access_time create folder政治・経済・社会

2月6日12時30頃、国民民主党所属の岸本周平衆議院議員がFacebookに

本会議前に、国会内の牛丼チェーン店で牛丼をいただきました。成長ホルモンや成長促進剤を使ったアメリカンビーフの可能性が高く、健康には悪いのですが、安くて美味しいのでよく食べます。人生も後半戦なので、まあいいかっと。成長ホルモンや促進剤を国内で禁止しながら、使用した肉類の輸入を許可している先進国は日本だけです。

と写真つきで投稿。Twitterには15時半頃に

本会議前に、国会内の牛丼チェーン店で牛丼をいただきました。成長ホルモンや成長促進剤を使ったアメリカンビーフの可能性が高く、健康には悪いのですが、安くて美味しいのでよく食べます。人生も後半戦なので、まあいいかっと。若い人は気をつけてくださいね。

https://twitter.com/shuheikishimoto/status/1225303345369272321

と、こちらも画像つきで投稿した。

Twitterでは「営業妨害」「風評被害」等の批判が寄せられ、ほどなく同ツイートは削除されていた。
国会内の牛丼チェーン店といえば『吉野家』であると考えられることから、あるTwitterユーザーは、吉野家のアカウントに

国民民主党の国会議員が 御社の牛丼は体に悪い と世界発信してますが、ホントなんですか?

と、岸本議員のツイートのスクリーンショットを添えて尋ねる。
それに対して吉野家は

そんなの提供してたらすでにどうにかなっているよww
中の人だって普通の人間だけど、毎週食べてても元気いっぱいだよ!安心して食べて大丈夫だよ~( ˘ω˘ )

と返信を行っていた。

※画像は『Twitter』より

access_time create folder政治・経済・社会

Taka

元インターネット雑誌編集者。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧