テプラ初の幅50mm! ラベルプリンター「テプラ」PRO SR-R7900Pが登場

access_time create folder動画

50mmの幅広テプラ!

キングジムの「テプラ」PROシリーズのパソコン・スマートフォン接続専用モデル、ラベルプリンター「テプラ」PRO SR-R7900Pが2020年2月20日(木)より登場。新製品を動画を交えてご紹介します。




https://youtu.be/l9o1Zz0ZTMg

ラベルプリンター「テプラ」PRO SR-R7900Pが登場

今回発売する「テプラ」PRO SR-R7900Pは、 パソコン・スマートフォン接続機の最上位機種。 オフィスのネットワーク環境に合わせて、USB、有線LAN、無線LANから接続方式が選べ、複数台の端末から印刷ができます。また、「テプラ」PROシリーズでは初めて、幅の広い50mm幅テープカートリッジと、 新たに開発した大容量の「EXロングテープカートリッジ」に対応。


・「テプラ」PROシリーズ初の50mm幅テープに対応

対応テープ幅は4mm~50mm幅まで。 「テプラ」PROシリーズで初めて50mm幅テープに対応。 最大印字可能幅が47.9mmのため文字を大きく印刷することができ、注意表示や案内表示などに適しています。

また複数行印刷しても読みやすく、多言語表示などにも利用できます。


・新たに開発した大容量45m巻きの「EXロングテープカートリッジ」に対応

新たに開発した、 通常の「テプラ」PROテープ(8m巻き)の5本分以上となる45m巻きの「EXロングテープカートリッジ」に対応。 大量印刷時にカートリッジ交換の手間が省け、 従来の8m巻きテープカートリッジを同じ分量使用するよりコストを抑えることができます。


・オフィスの環境に応じた接続方式が選べ、 複数台のパソコン・スマートフォンから印刷可能

「テプラ」本体との接続方法はUSB、 有線LAN、 無線LANから選択でき、 スマートフォンとの接続も可能です。専用のPCラベルソフト「SPC10(Windows用)」、 「SMA3(macOS用)」や、 スマートフォンアプリ「TEPRA LINK(iOS版/Android版)」からラベル作成ができます。


・高速印刷で大量のラベル作成を効率化

従来のラベルプリンター最上位機種「テプラ」PRO SR5900Pと比べ印刷速度を約1.4倍に高速化。 最大50mm/秒の高速印刷で、 スムーズに大量のラベル作成ができます。
※18mm幅テープ使用時(当社比)。 印刷速度はテープカートリッジの種類と印刷内容によって異なります。


・カッター刃の交換が可能

カッター刃の交換が簡単にできるように。 交換用カッター刃をご購入いただくことで、 カッター刃の消耗に即時対応することができます。
※従来機は修理対応


・テープ種類を自動で識別

「テプラ」PROテープをセットするとテープの種類を自動で識別し、テープに合わせた最適な設定で印刷します。 印刷フォーマットや特殊印刷メニューを自動で呼び出すため、 各種設定を操作する手間が省けます。

・印刷時の無駄な余白を削減
ラベルの余白を前後5mmに抑え、 印刷した際の無駄な余白が少なくなりました。

「テプラ」PROシリーズのパソコン・スマートフォン接続専用モデル、 ラベルプリンター「テプラ」PRO SR-R7900Pは2020年2月20日(木)より販売開始。

製品仕様

品名・品番   :ラベルプリンター「テプラ」PRO SR-R7900P
本体色     :ブラック
本体価格    :¥59,800 +消費税
外形寸法    :約193(W)×198(D)×144(H)mm
質量      :約2,900g(テープ除く)
電源      :付属ACアダプタ
インターフェース:USB接続、 有線LAN接続、 無線LAN接続
ヘッド構成   :サーマルヘッド(566dpi・300dot)、 熱転写PRO印刷方式
カッター    :ハーフカット機能付きオートカッター(交換式)
同梱品     :試用PROテープカートリッジ、 ヘッド・クリーニングテープ(SR50C)、 EXロングテープカートリッジ固定用アタッチメント、 ACアダプタ(AS2437)、 USBケーブル、 転写スティック、 取扱説明書(保証書付)

access_time create folder動画

erini (エリーニ)

ガジェット通信のナカノヒト。食べ合わせを研究しています。 好きなもの:ダンス全般と漫画。 特技:漫画の早読み。 好きな動物:ハリネズミ。 好物:焼き鳥とナッツ。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/eri

TwitterID: erini_desu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧