『らーめん才遊記』ドラマ化で芹沢役が鈴木京香さん 「ラーメンハゲ」がTwitterのトレンド1位に

access_time create folderエンタメ

1月28日、原作が久部緑郎先生、作画が河合単先生の作品『ラーメン発見伝』の続編である『らーめん才遊記』がテレビ東京でドラマ化と報じられた。

鈴木京香がラーメンのカリスマに!ドラマBiz 4月クールは人気原作コミックのドラマ化!

ドラマBiz 4月クール
毎週月曜 夜10時放送
行列の女神~らーめん才遊記~
テレビ東京連続ドラマ
初出演&初主演!
鈴木京香がラーメンのカリスマに!
華やかだが過酷なラーメン業界をけん引する
ひとりの女性職人が、
苦境にあえぐラーメン店を救う、
ラーメン・コンサルティングの物語!

https://www.tv-tokyo.co.jp/gyouretu/[リンク]

『ラーメン発見伝』では主人公・藤本浩平のライバルで、『らーめん才遊記』では主人公・汐見ゆとりの上司として活躍する「影の主人公」とでも言うべきキャラの芹沢達也が、ドラマでは鈴木京香さんが演じる「芹沢達美」となることにSNSでは賛否両論。
ネットでは芹沢が「ラーメンハゲ」という名で呼ばれていることもあり、その「ラーメンハゲ」というワードが午前10時の時点でTwitterのトレンド1位になってしまう事態となったようである。

テレビ東京の公式サイトでは、鈴木京香さんが
Q)ドラマ出演のお話を聞かれた際の感想をお教えください。
という質問に対して

芹沢はもともと男性の役ですから、あえて女性の役としてオファーくださった理由を考えてみたりしました。今はフード・コンサルタント業とラーメンに、どれだけ夢中になれるかが大切だと思って取り組んでいます。

と返答している。また、「番組プロデューサー・中川順平(テレビ東京 制作局 ドラマ室)コメント」には

主人公は、そんなラーメン業界のカリスマにして、強烈な個性の持ち主。原作では、スキンヘッドの男性です。ラーメンも、変人キャラも、あの鈴木京香さん本来のイメージとは、ものすごくギャップがあるのですが、だからこそぜひ見てみたいと思いました。美しくてゴージャスだけど棘もあるカリスマ像にご期待下さい。

という記述があったりもするのだが、果たして。

※画像は『Twitter』より

access_time create folderエンタメ

Taka

元インターネット雑誌編集者。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧