ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 今年度のアカデミー賞が熱い戦いとなる5つの理由
  • 【独占記事】米アマゾン・スタジオ、話題作『The Neon Demon(原題)』の配給権を獲得し、2016年夏に米公開予定
  • エマ・ストーンがキュートな占い師に ウディ・アレン新作ロマンティック・コメディの予告編が解禁
  • 【今週公開のコワイ映画】2016/7/30号:『アンフレンデッド』、カリコレ上映作『マインズ・アイ』『キャビン・フィーバー リブート』
  • ジョニー・デップ主演の犯罪スリラー映画『Labyrinth(原題)』、オープン・ロードが北米配給権を獲得
  • ディック・ヴァン・ダイク、映画『メリー・ポピンズ』の続編に出演へ
  • バチカン日刊紙、『スポットライト 世紀のスクープ』の第88回アカデミー賞作品賞受賞を称賛
  • 『呪怨』の伽椰子がインスタ開始! 「触れた者は命を失う強力な呪念を持ちますが、裏の顔は優しいお母さん」
  • ウータンクランのRZAが監督・脚本・主演! 映画『アイアン・フィスト』サントラも超豪華だメーン
  • 【保存版】アメコミ祭りだワッショイ! 2016年必見の超大作ヒーロー映画一覧
  • 【ホラー通信セレクト 今週公開の映画】2017/10/28号:『ゲット・アウト』、のむコレ『エクリプス』『女は冷たい嘘をつく』ほか
  • オリジナル音声(字幕)で観ると違和感のある映画は? 「ジャッキーチェン」「ホームアローン」「刑事コロンボ」
  • 宮川大輔さん&藤森慎吾さんインタビュー タートルズの4人をよしもと芸人に例えると?
  • 館内ナレーションは豪華声優陣によるオリジナル台本! 大阪MOVIX堺で「銀河英雄伝説」オールナイト上映会開催決定!
  • 「誰もが最低でも2人のキャラクターに共感できる」家族映画としての『インクレディブル・ファミリー』
  • 角川会長が『TATSUMI マンガに革命を起こした男』を語る! 「日本のマンガ文化を支える影の立役者」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

シリーズ愛好家から初心者まで丁度良いバランス!『アーシャのアトリエ~黄昏の大地の錬金術士~』レビュー

シリーズ愛好家から初心者まで丁度良いバランス!『アーシャのアトリエ~黄昏の大地の錬金術士~』レビュー

ガストの人気作、アトリエシリーズ。毎回一人の錬金術士の女の子が期限内に大きな目的を達成する事を主軸とし、その過程でアイテム作成を主題に様々な出会いや成長を描く、マルチエンディング採用の旧約錬金術RPG

今作はシリーズ14作目にして新たなサブタイトル、黄昏(たそがれ)の大地の錬金術士と銘打たれており、従来のファンにとっても初めて見る光景、そしてアトリエシリーズ初心者の方にはとっても引き込まれやすい世界観が繰り広げられています。

それではその気になる世界観、快適な操作性や玄人垂涎(すいぜん)の熱いやり込みシステムまで一気にご紹介しましょう!

ゲームの流れ

シリーズ愛好家から初心者まで丁度良いバランス!『アーシャのアトリエ~黄昏の大地の錬金術士~』レビュー

今回の大きな目的(メインストーリー)は3年以内に行方不明になった妹を助け出す事。妹が神隠しにあった謎を追って旅に出た主人公は、色んな街や場所で様々な人々とふれ合い体験を深めていきます。そして妹を助け出すための問題解決策として、様々な効果を持つアイテムを錬金術を駆使して生成していくというのが大まかな内容です。

本シリーズや、今作の中枢システムである錬金術というのは“素材を加工し、全く別のものを生み出す、無二の学問”です。素材と素材を合成し、有用なアイテムを生み出すこの作業の事を調合といいます。
アイテム生成に当たり、アイテムの元となる素材を採取できる場所の事を採取場といい、素材を調合できる場所の事を拠点(主に街)といいます。これらはすごろく上のワールドマップ内にいくつも点在し、ゲームを進行させることで新たな場所が出現し、自由に移動する事ができます。

採取場内には魔物が徘徊(はいかい)していますので、戦闘しながらの採取となります。採取場内で光っているポイントが数ヶ所あるので調べると素材を採取する事ができます。

そしてこれら一連の動作には時間経過の概念があり、調合、移動、採取、戦闘を行うと、時間や日数を消費します! 3年間という定められた時間の中で、どれだけ効率よくゲームを進めるのかが鍵になってきますが、重く考える必要はありません! メインストーリー以外にもシナリオが多数あり、ゲームの進め方次第ではEDも変わりますので、1周目はただただ楽しんでプレイする事をオススメします。

取りこぼしたイベント見逃したED強敵との戦い強力なアイテム作成などは2周目のお楽しみに取っておいても損は無いです! それだけ引き込まれる世界観をパフォーマンスしてくれている魅力的なキャラクター日常を感じました。

シリーズ愛好家から初心者まで丁度良いバランス!『アーシャのアトリエ~黄昏の大地の錬金術士~』レビュー

キャラクター

イベント会話はもちろん、戦闘中や採取中にもバンバンしゃべって臨場感を高めてくれる個性的な人物ぞろい。彼らとどれだけ仲良くなったり、多くの関連イベントをクリアしたかによってエンディングが異なります(※関連EDが存在していないキャラクターもいますのでご注意です)。

アーシャ……本作の主人公。祖父から薬の調合を教わって育ち、現在は薬士として生計を立てている。数年前に祖父を亡くし、妹まで行方不明となり天涯孤独の身。あるとき、謎の光につつまれた妹を見かけ、妹を助け出すために旅に出る決意をする。のんびり屋でほんわかとしているが、実はしっかり者。妹を探す旅に出るまで本人は、錬金術の概念も、錬金術士という自覚もなかったが、旅先で色々な体験をして成長していく。

ニオ……アーシャの妹。数年前に薬の材料となる素材をアトリエ近くの遺跡で採取している途中に行方不明となる。それからしばらくして、謎の光に包まれアーシャの前に現れる。ニオを助けた後も、ゲーム終了期日まで旅を続ける事ができ、ほかのキャラクターとの絡みが見られる。

レジナ……女性発掘屋。愛想も腕っ節も気風もいい頼れるお姉さん。男勝りだが、女の子らしい一面も覗かせる。発掘や遺跡関係と、面倒見の良さがわかるイベントが豊富。

ウィルベル……魔法使いの女の子。ちゃっかりしている性格だが憎めない。魔法使いと錬金術士、お互い良い刺激になっているようで、魔法関連のイベントが豊富。

アーニー……勤勉な行商人の青年で、昔からアーシャと薬の取引をしているため仲良し。品物の取引や、行商関連のイベントが豊富。旅の方では、ワールドマップ上を転々としており、アーニーの元へ行くと素材などの売買ができる。

ハリー……多くの人々が集まり、とても活気のある街“フィルツベルグ”で道具屋の経営や、仲間キャラが出店するバザーの主催などを務めるひょうきんな紳士。遺跡や秘宝に造詣が深く、珍しい品物を数多くコレクションしているという。アーシャの旅にも協力的で、バザーでは珍しい素材を手に入れる事ができたりと、間接的に役立つ事が多い。

1 2 3次のページ
ゲーム通信の記事一覧をみる

記者:

最新ゲームレビューとゲーム実況放送の情報をお伝えするエンターテインメントニュースサイトです。ゲームの情報を少しずつ増やしていきたいとおもいます!

ウェブサイト: http://game.getnews.jp/

TwitterID: gamereviewblog

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき