公道を走行できる自転車兼スクーター「Ripples!」、航続距離は35キロ

access_time create folderデジタル・IT
自転車とスクーターの機能を持たせたユニークな乗り物がクラウドファンディングサイトMakuakeに登場した。バッテリーを搭載した電動スクーターながらペダルこぎでも走行できる「Ripples!」だ。

法令で装備が義務付けられているミラーやウインカーなどを備え、ナンバープレートを取得すれば公道を走行できる。

・最高速度は時速25キロ

まさに自転車とスクーターのいいとこ取りをしているのがRipples!。スクーターとしては250Wのモーターを搭載し、電動走行する。最高速度は時速25キロと他のスクーターに比べると遅いが、自転車よりは格段に早い。

バッテリー容量は7.5Ahで航続距離は約35キロ。家庭用のコンセントで充電できる。ちなみに、ハンドルにあるパネルの側面のUSBポートに手持ちのケーブルをつなげてスマホの充電もできる。

・重量18.5キロ

また、自転車としても使うことができるのもRipples!の強みだ。

万が一バッテリー切れになってもペダルをこいで走行できる。平坦な道ではペダルをこいでバッテリーを温存し、上り坂で電動バイクとして活用する、というのもありだろう。

そのほかの特徴としては、重量18.5キロとバイクとしてはかなり軽量で、ハンドル部分を折りたためることが挙げられる。これにより室内への持ち込みができる。

後部に耐荷重5キロのバスケットが備わっていて、ちょっとした買い物や通勤・通学に良さそうなRipples!は現在、Makuakeで10万4280円(税込)〜となっている。

一般発売時の予定価格は17万3800円なので、今がお得に入手できるチャンスだ。支援は2月24日まで受け付け、5月末までに配送される見込み。

Ripples!/Makuake

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト: https://techable.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧