「僕たちが生きているうちに起こりうることが描かれている」主演・大沢たかおが『AI崩壊』の魅力を力説

access_time create folder映画

大沢たかおさんを主演に迎え、入江悠監督がAIをテーマにオリジナル脚本で挑むサスペンス超大作『AI崩壊』が1月31日(金)に公開となります。1月14日(火)には総勢10名の豪華キャスト陣が集結した「ジャパンプレミア」が開催。真っ赤なレッドカーペットが敷かれた会場に、歌手のAIさんも登場し、主題歌「僕らを待つ場所」を披露しました。

本作の舞台はAIが私たちの生活に欠かせなくなった10年後の日本が舞台。しかし、人を救うはずの医療AI<のぞみ>が突然暴走を始め、人間の生きる価値を選別し殺戮を開始。大沢さん演じる桐生は警察からAIを暴走させたテロリ ストに断定されてしまい、日本中にAI捜査網が張り巡らされる中、逃走劇を繰り広げることに。

大沢さんは「まだ日本映画も捨てたもんじゃないと思い、賛同してくれたキャストが集まって制作されたのが本作です。インターネットやAIが普及していく世の中で、映画人として本気で戦わないと消えてしまうなと思いました。本当に挑戦した作品ですし、エンターテイメントの未来を感じてほしいです」とコメント。

緊迫したサスペンス作品でありながら、家族の絆など多くの要素が描かれており、映画を見る人によって様々な感じ方が出来る本作。映画を鑑賞した大沢さんはこれから映画を見るファンに向けて「10年後の未来って僕たちが生きているうちに 起こるかもしれないことが描かれています。エンターテイメント大作で近未来作品ですが、すごく身近に感じる作品」と本作の魅力を力説。

そして大桐生の義弟・西村悟役を演じた賀来賢人さんは大沢との共演を振り返り「大沢さんと共演させて頂くことがとても嬉しかったですね。義理の弟という設定だったので大沢さんと良い関係でいたかったのですが、大沢さんからすごくコミュニケーション取って頂き現場にいやすい環境を作って頂きました」と明かし、桐生を追い詰める天才捜査官・桜庭役の岩田剛典さんは「普段出演している映画を見ると、自分の演技が気になって楽しめないのですが、今回は演出や音楽も素晴らしく、見終わった後の満足感がとても高い映画が完成したと思います。こんなに手ごたえを感じた映画はなかったので、楽しんでほしいです」と話します。

さらに、大沢さんと5度目の共演で初の夫婦役を演じた桐生の亡き妻・望を演じた松嶋菜々子さんは、大沢さんとの共演を振り返りつつ「大沢さんとは何年かおきにご一緒させて頂くので、いつも久しぶりと言いながらすんなりと演じられます。気心が知れていい緊張感がありながら楽しむことができました。出来上がった作品を見たら、人の温かい想いなどが根底に流れていて、感動する部分が多いと感じました」と本作への特別な 思いを語りました。

そして主題歌「僕らを待つ場所」を歌うAIさんがファンの前で主題歌を披露! 優しさと力強さを持つ歌声に、会場は感動の渦に包まれました。AIさんが本作のために書き下ろした主題歌 は、「レコーディングでは今までで一番泣いた」というほど思い入れの強い楽曲になったそう。楽曲に込めた 思いについて AIさんは「映画を見て、私自身色んなものに頼っているし AIに頼らないと生活しにくいですが、元に戻ることもとても大事だと思い出させてもらいました。映画が描いているテーマも“元にいた場所に戻る”という ことだと思ったんです」と語り、生歌を聞いた大沢さんも「人のつながりや愛という根底があるからこそテクノロジーを 乗り越えられることが描かれていますので、AI さんの楽曲を頂けたことで映画が色づき、花を咲かせて頂けたと思います」と大絶賛。会場は大きな拍手で包まれました。

最後に入江監督は映画を楽しみにしているファンに「子供の時に映画を見て面白いなと思ったのが、近未来のパニック映画であり、僕の帰れる場所は映画館でした。僕を救ってくれたのは映画の存在だったので、この作品も誰かにとってそういう映画になってくれるといいなと思いますし、映画を拠り所にしている方に届けば嬉しいです」と熱いメッセージを寄せ、“2020 年絶対に観るべき一作”と自信を見せました。

『AI崩壊』は2020年1月31日(金)より全国公開。

http://wwws.warnerbros.co.jp/ai-houkai/

(C)2019「AI崩壊」製作委員会

access_time create folder映画
local_offer

藤本エリ

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧