“3.11”から1年後の日常の映像を紡いだ映画『JAPAN IN A DAY』 予告編ナレーションに向井理が起用

access_time create folderガジェ通 映画
japan-in-a-day

日本が、そして世界が自然の脅威に晒された“3.11”から1年後の“日常”の映像をつなぎ合わせてつくる映画『JAPAN IN A DAY [ジャパン イン ア デイ]』が、11月3日(土)より全国公開。俳優、向井理さんがナレーションを務めた予告編が本日より解禁となりました。

『JAPAN IN A DAY [ジャパン イン ア デイ]』は、映画界の巨匠リドリー・スコットが世界中に投げかけた「1年後の“あの日”を、あなたはどう過ごしましたか?」という問いに対し、日本を中心とした12ヶ国からの約8000件、総計300時間にものぼる映像の数々を紡ぎ、製作した映画。

参加者一人一人が創り出す、このソーシャル・ネットワーク・ムービーであり、2011年に公開されたリドリー・スコットとトニー・スコット兄弟の『LIFE IN ADAY 地球上のある一日の物語』に続く、日本版『LIFE IN A DAY』プロジェクトの誕生です。

今回解禁となった予告編は、“3.11”の映像と1年後の2012年3月11日の映像が重なり合い、「特別じゃない日なんて、一日もない。」ということを気付かされる特別な作りに。

一年前の出来ごとに想いを馳せる瞬間、ありきたりの日常を過ごす瞬間、プロポーズをする瞬間、出産の瞬間――。これらひとつひとつの瞬間を1本の映画にした時、つながるのは私たちの想い。“その日を生きた人々の姿”、そして、“今を生きる、すべての人々の物語”に、誰しもが胸の中に抱える想いを奮いたたせます。

ポスター画像には、映像を投稿した方々から集めた日常の写真が使われ、こちらも特別なデザインに。

映画『JAPAN IN A DAY [ジャパン イン ア デイ]』はTOHOシネマズ六本木ヒルズほか11月3日(土)より全国公開。

access_time create folderガジェ通 映画
local_offer

藤本エリ

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧