ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • B2takes!小澤廉×祭nine.寺坂頼我 グループ活動する2人が心がけていることは?映画『BD~明智探偵事務所~』撮り下ろしインタビュー
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

女子のブーツの中に秘密がある?『カカトフィット&アップ』

カカトフィット&アップ

以前は、ブーツと言えば冬を代表する女子のファッションアイテムでしたが、今では春秋モノや雨の日用のおしゃれなラバーブーツもありオールシーズン見られるようになりましたね。コロンブスが発売する『カカトフィット&アップ』は、女子のブーツをコッソリ支えているヒミツのアイテム。男子の場合は“シークレットブーツ”ですが、女子の場合は“シークレット イン ブーツ”なんです。

『カカトフィット&アップ』は、セットするとかかとの高さを無理なくアップし、同時に膝の位置も高くなるので膝下を長く見せてくれるというすぐれもの。ヒール高4cm以内の低めのブーツで使用することができます。

昨年には、厚さ2.5cmタイプが発売されましたが、今年は3.5cmタイプも新登場。よりフィット感の高い低反発ウレタン素材が採用されています。かかと部分から足の中央部までなだらかな形状で覆い、快適さもアップしています。

本体は、肌に触れる部分はさらりとした感触のポリエステル素材、第2層は低反発クッション(ウレタンスポンジ)、第3層はフィット感をアップさせるラテックスを採用。靴底に近い第4層には強度のあるEVA素材を使い、歩行時にかかとに与える衝撃をやわらげてくれます。使用時には低反発ウレタンが体重を吸収するので、2.5cmタイプは約2cm、3.5cmタイプは約3cmのアップになります。

いつものブーツでちょっとスタイリッシュに決めたいとき、こんなヒミツの小道具がいいかもしれません。サイズはフリーサイズ、一足分のセットで2.5cmタイプが1050円、3.5cmタイプが1260円(税込み)です。全国のデパート、靴専門店などで販売されます。
 
 

■関連記事
靴べらなのに観葉植物!? ~SHOE HORN~【スイーツ ガジェット vol.4】
モデルにベッキー起用、究極の女子向けインナーヘッドホン
キュービックジルコニア付き! 女性向けインサイドホン『MOONJEWEL』

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき