ボンドの愚痴を言うQが尊い!『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』メリーQリスマス映像が到着【ジェームズ・ボン道】

access_time create folder映画

2020年4月10日(金)公開の007シリーズ最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』。ボンドとの関係をQが解説しちゃう特別映像が届いたよ!

■関連記事:007最新作 ビジュアル解禁&邦題決定! 第25作目は『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』【ジェームズ・ボン道】

今回解禁となった特別映像は、ベン・ウィショーが演じるQがボンドとの関係を説明する異色の映像。QはMI6(英国諜報部)秘密兵器開発担当主任として、時に振り回されながらもボンドを健気に支えるシリーズに欠かせない存在で、ボンドとQのやり取りは、ファンの間で人気のひとつだ。

そのQが自身のデスクで、「僕とボンドの関係は複雑だ」と悩まし気な表情で語り始める特別映像がコレ。本編では現役を退いたはずのボンドがMI6の仲間であるマネーペニーとともにQを訪れ、「生きていたのか」と再会を喜ぶ(?)シーンが収められている。これは、わくわくしちゃう!

実は一見仲良さげに見えるふたりだが、過去に敵に狙われたボンドが『007/スカイフォール』でアストンマーチンDB5をハチの巣にしてしまったり、『007 スペクター』でQ課から改造を施したアストンマーチンDB10を無断で持ち出してローマへ行った挙句、水没させたことを忘れないかのように「軽いノリもたまにはいいが、もっと慎重になって欲しい。いつも彼に振り回される。どこまでも命知らずだ」と苦~い表情で不満を吐露。

が、そのQの心情とは裏腹に、ボンドが本編で橋から飛び降りるシーンが流れ、ボンドの命知らずでダイナミックなアクションが、本作でも炸裂することを示唆。ボンドとQの溝(?)は最新作でも埋まりそうにない!?

■あらすじ
ボンドは現役を退きジャマイカで穏やかな生活を満喫していた。しかし、CIA出身の旧友フェリックス・ライターが助けを求めてきたことで平穏な生活は突如終わってしまう。 誘拐された科学者を救出するという任務は、想像以上に危険なもので、やがて、それは脅威をもたらす最新の技術を保有する黒幕を追うことになるが――

■『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ 』
■監督:キャリー・フクナガ
■製作:バーバラ・ブロッコリ、マイケル・G・ウィルソン
■脚本:ニール・パーヴィス、ロバート・ウェイド、スコット・バーンズ、キャリー・フクナガ、フィービー・ウォーラー=ブリッジ

(執筆者: ときたたかし)

access_time create folder映画
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧