M-1史上最高得点!ミルクボーイが審査員全員95点以上で最終決戦進出 ナイツ塙「ほぼ100点に近い」

access_time create folderエンタメ

12月22日に漫才の王座を決める「M-1グランプリ2019」(テレビ朝日系)に初出場したミルクボーイが番組史上高得点を叩き出した。

今年のM-1決勝に初進出したミルクボーイは、第1ラウンドで“コーンフレーク”をネタにした漫才を披露。物珍しくはないが馴染みのあるコーンフレークという絶妙な題材にスタジオは大爆笑。

審査員の評価は、オール巨人97点、ナイツ塙99点、立川志らく97点、サンドウィッチマン富澤97点、中川家 礼二96点、松本人志97点、上沼恵美子98点という、全員95点超えの高評価。合計681点のM-1グランプリ史上最高得点となった。

松本人志:行ったり来たり漫才とでも言うんでしょうか、なんか揺すぶられたなー。これぞ漫才を久しぶりに見せつけられた感じがしましたね。

上沼恵美子:一番笑いました。ネタのセンスが抜群!この角度のセンスを持ってくるっていうのは新しい。

ナイツ塙:人の力と言葉の力とセンスが凝縮されていたので、ほぼ100点に近い99点です。

サンドウィッチマン富澤:おじさんがコーンフレークだ、コンフレークじゃないってそれだけでもう(笑)。何も考えずに笑えるっていうのが一番良かったですね。

といった審査員からも絶賛のコメントでミルクボーイは決勝第1ラウンドをトップで勝ち上がった。

関連記事:
「M-1グランプリ2019」アンタッチャブル「シンデレラのような一番大事な夜」2人揃ってのコメントに感動の声続出
https://getnews.jp/archives/2332112

access_time create folderエンタメ
ぽん

ぽん

テレビが好きだポン。NHKの受信料はちゃんと払ってるポン。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧