ホームレスが寝転ぶベンチをサンタクロースのソリに見立てるバンクシーの新作 改めてクリスマス・スピリットとはなんぞやということを考えさせられる

access_time create folder政治・経済・社会

12月9日、バンクシーの公式Instagramが1本の動画を公開しました。

この投稿をInstagramで見る Banksy(@banksy)がシェアした投稿 – 2019年12月月9日午前5時15分PST

https://www.instagram.com/p/B52l1NkHa71/
実際のベンチと壁画のトナカイを組み合わせ、ホームレスのような男性が寝転ぶベンチを、あたかもサンタクロースのソリのように見立てた作品となっています。

キャプションには、「バーミンガムに神のご加護を。20分の間、このベンチでライアンを撮影しました。彼は何も要求しませんでしたが、通行人は温かい飲み物、2本のチョコレートバー、1個のライターを彼に与えました」と記載されています。

クリスマスと言うと「プレゼントを貰う季節」と考えている人も多いでしょうが、本来クリスマスとは「与える季節」なんですよね。イエス・キリストの言葉に「受けるよりは与える方が幸いである」という言葉がありますが、クリスマスプレゼントはそうしたキリスト教の教えを反映しているものでもあります。

持たざる者に与えることこそ、クリスマス・スピリットなんだよというキャプションの言葉に、バンクシーの思いが込められている気がします。同時にクリスマスを前に浮かれ気分になっている人々に対して、クリスマスの本質を忘れるなという皮肉も込められているのでしょう。

※画像:Instagramより引用
https://www.instagram.com/p/B52l1NkHa71/

(執筆者: 6PAC)

access_time create folder政治・経済・社会
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧