娯楽用空飛ぶバイク、米Jetpack Aviation社が予約販売開始

access_time create folderデジタル・IT

ジェット・パックのメーカーとして知られるJetPack Aviation社が、空飛ぶバイクを、個人の娯楽用に販売開始した。

ジェット・パックは、ジェット噴射装置をリュックのように背負って使うが、この空飛ぶバイク「Recreational Speeder」には小型のターボファンエンジンが4基内蔵されており、オートバイと同じようにまたがって操縦する。

・車1 台分のスペースで垂直に上昇・着陸

狭いスペースで垂直に上昇/着陸でき、特別な技術なしに安定して飛行できるのが「Recreational Speeder」の特長だ。

同社はすでに高性能の空飛ぶバイクを軍事用に開発しており、それを娯楽用にアレンジしたものが「Recreational Speeder」だそう。

発表されたスペックを見ると、重量は104kgで125ccバイク1台と同じくらい。最高高度は1,500フィート(約4,500メートル)。速度は高度や風向きなどで変わってくるが、最高でなんと150mph(時速241km)を出すことができるとのこと。ただ、連続飛行可能時間は10分〜22分と、あまり長くない。

電気モーターではなく、ガソリン/軽油/航空用ジェット燃料で動く4基のエンジンは、コンピュータで自動制御されており、これが安定飛行に大きな役割を果たしている。

・免許要と不要の2タイプ

現在、予約受付中の「Recreational Speeder」には2つのタイプがある。

ひとつは(米国で)免許なしで乗れる「Ultralight バージョン」。これは、JetPack Aviation社が提供する簡単なトレーニングコースを受講するだけで操縦できるが、法規制によって、積める燃料の上限が5ガロン(約19リットル)、最高速度が60mph(時速約96km)に制限されている。

もうひとつは要免許の「Experimental バージョン」で、こちらは燃料にも速度にも制限はなく、マシンの性能をフルに発揮できる。

価格は380,000ドル(約4,000万円)程度になる見込み。

JETPACK AVIATION

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト: https://techable.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧