毎日500億のアプリをスキャンする「Google Playプロテクト」などGoogle Playの安全性への取り組みを解説

access_time create folderデジタル・IT

Googleは12月6日、Google Play 2019年の取り組みに関する説明会を開催。Google Play UX プロダクトマネジメント ヴァイスプレジデントのTian Lim氏が、主にGoogle Playの安全性への取り組みについて解説しました。

Google Playでは過去12か月に1160億のアプリやゲームがインストールされており、アプリをダウンロードするユーザーやアプリ開発者を含むエコシステムを保護するためにも、安全性が重要であると説明。「保護」「ポリシー」「レビュープロセス」の3項目について取り組みを紹介していきます。

保護の観点では、端末内のマルウェアをスキャンして検出するGoogle Playアプリの機能「Google Playプロテクト」が、毎日500億のアプリをスキャンしていると現状を説明。2018年の実績で、ユーザーに被害をもたらす可能性のあるアプリ“Potentially Harmful Applications”(以下PHA)のインストールを、Google Playプロテクトが16億回防いだとしています。Google Play以外から入手するアプリは、Google Playからインストールする場合と比べて約8倍の頻度でPHAに触れることになると説明しました。

アプリ開発者が広告の表示などの目的で組み込むSDK(ソフトウェア開発キット)の中には、初めのうちは問題なく見えるものの、後から個人情報を流出させたり、電話番号をリスト化する動きを始めるものがあるとのこと。こうした悪意のあるSDKを使用したアプリを、これまで20万個検出しているそうです。

アプリの審査基準となるポリシーは、悪意あるアプリが常に進化していることから、ポリシーを常時レビューしてアップデートしているとのこと。2019年には、SMSや通話のログへのアクセス権限は、アプリ内で中核的に利用されない限りは許可しないというポリシーを定めたほか、子供向けアプリの安全性を向上し、悪意ある子供向けでないアプリがGoogle Play上で子供の目にとまる確率を減らせたとのこと。

レビューのプロセスは、自動によるものと人力によるもので対応し、なりすましや悪意ある改変を検出。審査により除外されたアプリを再公開しようとする動きは、再公開される前の段階で検出して検証を行っているとのこと。

access_time create folderデジタル・IT

shnsk

宮原俊介(編集主幹) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。2010年3月~2019年11月まで2代目編集長を務める。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧