『童貞。をプロデュース』強要問題の“黙殺された12年”を振り返る 加賀賢三氏インタビュー<2019年12月12日追記あり>

access_time create folder映画

性行為強要までの“ゴリ押し”と圧力

▲『童貞。をプロデュース』予告編(ニュー・ヴァージョン)より

――制作に違和感を持ち始めたのは、AVの現場から?

AVの現場に行く前の段階から、嫌な予感はしていました。松江さんが「AVの現場に行く」と言い出したときにも、「行きたくないです」とずっと断っていました。すると、松江さんは「じゃあ、コイントスで決めよう」と言い出しました。これは映画の中にもあるくだりです。結局、コイントスもぼくが勝ったんですが……なぜか、松江さんのゴリ押しで行くことになりました。映画では、コイントスして、手を開いて、「あっ」って言うところで映像は切られていて、次の画ではもうAVの現場にぼくがいる、という流れに編集されています。本当はぼくが勝ったから行かなくていいはずだったんですが、本編では松江さんが勝ったことになっているんです。

――本編に映っていないところで、松江監督がゴリ押ししている、と。

そうです。松江さんは、本当にゴリ押しが酷いんです。普通に考えたら、何か話をするときって、こちらが意見を呑んだら、相手も譲歩してくれるだろうと思うじゃないですか。そうすることで、人の関係性って成り立つはずなので。だから、ある程度は松江さんのゴリ押しをのんでしまうわけです。今思えば、それをのんじゃいけなかったと思うんですが……そういうやり方で、ずっと進められました。

――AVの現場には、加賀さんの味方はいなかったのでしょうか?

最初は、松江さんが味方だと思っていました。知りあいが松江さんだけだから、というのもありますが。最初は、原宿のハマジム(松江監督の作品などもリリースしているAVメーカー)の事務所に連れて行かれて、カンパニー松尾(AV監督)さんや社長の濱田(一喜)さんに挨拶しました。その後、AV女優さんが生理なので、海綿を(膣に)入れることになったんです。ぼくは、そのための海綿をハサミで切る、という作業をやらされました。ぼくは、「女性器のことをわからない童貞が、『どのくらいがちょうどいいんだろう?』と考えながら海綿を切る」のが面白いんだろうな、と思っていました。そういう色を付けて撮るんだろうと。すると、次は公園に行ってジャケット用のスチール写真を撮ることになりました。現場では松江さんに「内トラ(※スタッフがエキストラ出演すること)みたいな感じで、入って」って言われたんです。それも嫌だったんですけど、すでに「そういうのはやるのが当たり前だろ」という空気だったので、結局、断れずにスチールに収まりました。

――その時点から、すでに圧力を感じていたわけですね。

次は“本番”を撮るために、ホテルに移動することになりました。ホテルに着いたら、カンパニーさんが「じゃあ、パンツを脱いで」と言い出したので、ぼくは「嫌ですよ」と断りました。すると、松江さんは「お前、何言ってんの?ここまで来て、何言い出してんの?」と言い始めました。それでもぼくは「絶対に嫌です」と断って、そこから結構な押し問答になりました。どのくらい経ったのか体感なのでわからないですけど、ぼくにとってはすごく長い時間でした。大勢に囲まれて、圧をかけられて、味方だと思っていた人が味方じゃなくなった。それでも、ずっと「嫌だ」と言い続けました。すると、松江さんは「じゃあ、わかった」と。「じゃあ、わかった」と言われたら、「これで終わるんだ」と思うじゃないですか。

――はい。

松江さんが「じゃあ、わかった。一回、ふたりで話そう」と言うので、ふたりで部屋を出て、非常階段のような場所で話すことになりました。ところが、そこでも松江さんが「お前、何で嫌なんだよ」と言うので、また押し問答になりました。松江さんが「あの子、可愛いじゃねえかよ」とか、そういうことを言うので、ぼくが「いや、そういう問題じゃないでしょ」と断る。そんなやりとりが続いて、松江さんはまた「じゃあ、わかった」と。「じゃあ、わかった。カメラを回して質問するから、お前は『AV女優は汚い』って言え。そしたら、殴る(ビンタする)から」と、段取りの説明を始めたんです。そこで、初めて“段取り”が出てくるわけですけど。

――松江さんが“断る理由”を提案したということですか?

ぼくも、松江さんが妥協案を考えてくれたんだと思いました。でも、そうじゃなかったんです。「じゃあ、わかった。俺が質問するから、お前が『AV女優は汚い』って言って、俺が殴る。それでいいだろ?」と言うので、ぼくは藁をもつかむ思いで応じました。ただ、松江さんの案も嫌だったんですけどね。ビンタされるのはいいんですけど、まず“ヤラセ”が嫌だし、「AV女優は汚い」と言うことも嫌でした。でも、これでオチをつけてくれるんだろうと思ったんです。今思えば、そこでとことんやり合えばよかったんですけど。でも、怖かったんです。ハマジムの社長さんもいて、カンパニー松尾さんもいる。そんな状況は怖いですよ。「この人たちとやりあうことになったら、後で何をされるかわからない」とか、色んなことが頭をよぎりました。

――やむなく、「AV女優は汚い」と言ってビンタされることを受け入れた?

そうです。ぼくは逃げ出したくてしょうがなかったんで、藁にもすがる思いでした。本当は言いたくなかったですし、言わなきゃよかったと後悔しているんですけど、従いました。ささやかに抵抗してはいるんですけど……「AV女優は汚い」じゃなくて、「AVっていう仕事は、ぼくにとっては奇麗なものとは思えない」と言葉を変えて。

『童貞。をプロデュース』予告編(ニュー・ヴァージョン)(YouTube)https://youtu.be/85llJTzxlcc

――予告編にも収められているシーンですね。

はい。そのシーンを撮り終えて、「これでオチがついたから、やっと終わる」と思っていました。ところが、部屋に戻ったらまた押し問答が始まりました。松江さんは、「お前待ちなんだよ」「やるまで終わらねえぞ」「松尾さんを待たせるなんて。お前、いい度胸してんな」と、脅しも入れるようになりました。「カンパニーさんって、そんなに怖い人なんだ」と想像を巡らせて、また怖くなりました。初めて会う方でしたし、「AV業界だし、怖い人たちがバックにいるかもしれない」と、さらに色々と想像して、どんどん怖くなりました。当時のAVは今ほど風通しもよくなかったと思いますし、ある種アンダーグラウンドの文化だったと思います。いずれにせよそういう空気がまだあったので、「怖い」という気持ちが強かったですし、できれば深くは関わりたくないと思っていました。だから“取材”の段階で「行きたくない」と言っていたんです。

――それでも撮影は続いた?

押し問答が続いて、そのうち松江さんが「じゃあ、わかった。俺らもパンツ脱ぐから」と、下着を脱ぎ始めました。カンパニーさんや周りの人たちも脱ぎ始めました。松江さんは寒くてタイツを穿いていたんですが、「これでいいだろ? 俺、今モモヒキ穿いてるんだぞ。こっちのほうが恥ずかしいだろ」と、わけのわからないことを言っていたのを覚えています。

――松江さんだけではなく、現場の人たちからも圧力を感じた?

そうです。そういう流れで、全員が男性器を出して、松江さんが「これでいいだろ。俺も脱いだんだから、お前も脱げ」とプレッシャーをかけてきました。それでも「嫌だ」とずっと言っていたんですが、結局は逃げられなくなって、とりあえず脱ぎました。そうしたら、松江さんは「じゃあ、わかった。フリだけでいいから。フリだけやろう。画だけ撮らせてくれ。本当にはやらなくていいから」と。ぼくはやられたくない一心だったので、「助かった。フリだけで終わる」と思っちゃった。いつまで経っても終わらないし、やるしかなかない、と思ったんです。そうしたら、女優さんが本当に(口淫を)やりはじめました。ぼくは引き離して、「もう、やめましょう」と訴えましたが、結局は羽交い絞めにされて、やられました。

――予告編では、該当シーンの一部が“面白い一幕”のように編集されて使われています。

ぼく自身も「面白いほう」に転がそうとしていたと思います。傷ついていることを見せるのが、恥ずかしいことだと思っていたので。自分自身で面白く見せようとすることで、自尊心を保とうとしたというか、かわそうとした部分があると思います。この件で、高校時代にいじめられて、いわゆる“パシリ”をさせられていた同級生を思い出しました。その人は、いじめっ子に「パン買ってこいよ」と言われて、「ったく、しょうがねえな」と軽口を叩きながら買いにいっていたんです。同じように、ぼくはあの時、本当は泣きたかったのに、“ふざけているように見せたかった”んだと思います。

――“やられた”後は、どうなったんですか?

脱がされていたパンツをはいたときに、ぼくの股間が勃起していたんですが、それを見た松江さんが「お前、勃起してんじゃねえかよ(笑)」と言ったのを覚えています。松江さんにとって、そこで男性器が勃起していることは面白いことなんだ、と……それも、すごく嫌でした。それから、「ありがとうございました。ご迷惑をおかけしました」と言ったら、カンパニーさんは「迷惑はかけるもんなんだよ」と、“名言”のようなことをおっしゃいました。

『童貞。をプロデュース』予告編(ニュー・ヴァージョン)より
▲『童貞。をプロデュース』予告編(ニュー・ヴァージョン)より

――その流れを聞くと、名言には思えませんね。

なぜ、「ありがとうございました。ご迷惑をおかけしました」と言ったかというと、自分に非があるのかもしれない、と“思わされていた”からなんです。「お前、どんだけ待たせるんだよ」「全員がお前待ちなんだよ」という言葉を浴びせられて、「お前が悪いんだ」というプレッシャーをずっと感じて、同調圧力の中で「自分に非があるんだ」と。圧力から逃れるために出た言葉なんです。後になって冷静に考えて、そんなことを言う必要が全くなかったことに気づいたんですが。

――撮影が終わった後に、抗議はされたのでしょうか?

当初から、編集のあがりを確認するという話はしていました。だから、(性行為強要のシーンについても)「こういう使い方をされるのは、やっぱり嫌だ」と言ったんです。そうすると、松江さんはお金の話を始めました。「俺はノーギャラでやってんだぞ。金のためにやってんじゃないんだから」と。「いや、それを言い出したら、ぼくだって一銭も貰ってないだろ」と内心は思いましたが、口には出しませんでした。松江さんはさらに「しまださんからいくらかもらうわけでもないんだよ」「ガンダーラで上映するだけだから」「お前が撮ってきた何十時間もあるテープを、おれは全部観たんだぞ!それも、ノーギャラでやってんだぞ!」と、またゴリ押しし始めました。ただ、ぼくが撮影したテープも結構な量だったし、それを編集するのも大変だろうとは思いました。確かに労力がかかっているし、最初に『第1回ガンダーラ映画祭』で上映するとは約束はしていたので、ぼくは「じゃあ、ガンダーラ映画祭だけですよ」と。

――譲歩した?

はい。松江さんには、「もし『ガンダーラ映画祭』以外でやる話になったら、必ずお前に相談する。その時はお前の意見を尊重する。だから、ここは泣いてくれ」と言われました。ぼくは「約束ですよ。今言った話は絶対忘れないですよ。口約束も契約のうちなので、それを破ったら民事でやりますし、ぼくが勝ちますから」と言いました。それは、松江さんもご自分のブログ(現在非公開)に書いていました。

――他に抗議したシーンはありますか?

あと、「追加で、好きな子に告白するシーンを撮らせて欲しい」と言われました。でも、そんなの嫌じゃないですか。無理やり口淫されるシーンを撮って、それを笑いにするような映画に、好きな人を巻き込みたくないですよ。だから、「絶対嫌です」と言ったんですが、また松江さんは「じゃあ、わかった。代わりの女の子を用意したから、その子で撮ろう」と言い始めました。つまり、「①好きな子を巻き込む ②用意した代役で撮る」という2択でゴリ押ししてきたんです。

――またですか。

ここでもぼくが譲歩して、(代役で)撮りました。ところが、松江さんは後になって「いや、やっぱり本物がいい」と言い始めました。ぼくは、「絶対に嫌です」と言ったんですが、松江さんは、「もう、本人に連絡したから。〇〇で待ってるから」「俺から全部(加賀氏が女性のことを好きだという気持ちを)伝えてやるよ」と強引に話を進めました。そうなったら、もう行くしかないじゃないですか。最終的には告白するフリを撮ることになって、松江さんも彼女に「これはお芝居なんです」と説明していましたけど……それでも、そんなところで“告白”を利用されるのは嫌なわけですよ。例えヤラセであっても、ぼくが彼女のことを好きだったのは本当ですし、「こんなタイミングで言うことじゃない」と思っていました。

――『第1回ガンダーラ映画祭』での上映にOKを出したのは、関係者に迷惑をかけたくなかったから?

というよりは、形を変えてでも出せばいい、と思っていたからです。要するに、あの(性行為強要)シーンを使わないで、別の形にして『ガンダーラ映画祭』に出してほしいというのが、ぼくの一番の希望だったんです。「作品をなかったことにしろ」とまでは思いませんでした。ぼく自身あのシーンには傷つけられましたが、それでも同意したのは、「ここで松江さんの条件をのめば、その後はぼくの意見を尊重してくれる」と信じたからです。だから、その時点では、『ガンダーラ映画祭』が終わったら、なかったことにしてもらおうという腹づもりでした。

前のページ 1 2 3 4 5次のページ
▼ガジェット通信が送るミニゲームシリーズ!
スキマ時間にどうぞ!
access_time create folder映画
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧