「オラフがとにかく最高!!」『アナ雪2』ワールドプレミアで絶賛の嵐!【ノーレリゴーノーライフ】

access_time create folderエンタメ

ディズニー映画最新作『アナと雪の女王2』のワールドプレミアが、現地時間11月7日にアメリカはロサンゼルスで開催され、早くも本編を観た観客たちから「オラフがとにかく最高!!」など、称賛が相次いでいます。

会場のエル・キャピタンシアター前のカーペット上には、続々とセレブが到着。エルサ役イディナ・メンゼルは、自身が演じたエルサの秘密が判明する本作について「とても美しい物語を紡ぐことができたと思うわ」とする一方で、「でも、少しほろ苦い気持ちもあるわね。世界中の皆さんに届ける準備はできているけど、自分たちが愛情を注いできた子供を送り出すような気持ちなの」と、作品への深い愛情があるからこその複雑な思いも吐露しました。そしてメイン楽曲で本気曲「イントゥ・ジ・アンノウン」などを含む、本作の楽曲に関しては、「ロペス夫妻は、演じる私たちの声に合わせて曲を作ってくれたの。だから、どの曲も本当に素晴らしいものばかりよ。きっとたくさんの人々の心に響くと思うわ」と、語りました。

アナ役クリステン・ベルは、「会場の盛り上がりがとても素晴らしいわね! この日を迎えられたことにワクワクしているわ」と興奮気味。「前作の様に、この作品にも魅力的な楽曲がたくさんあるの! この映画を観てくれた人々が、前作と同じようにこの作品や音楽を愛してくれるかどうか、そこにとてもドキドキしてるわ」と期待緊張の混在した心境を吐露。

そのほか、会場には日本でも大ヒットした映画『美女と野獣』のルフゥ役でも知られ、人気キャラクターのオラフを演じるジョシュ・ギャッド、クリストフ役ジョナサン・グロフも登場して本編世界初披露を祝しました。

初お披露目の本作を観た観客からは、「前作の要素をしっかり引き継ぎながら、それを超えるほどの感動を与えてくれる物語だ!」、「劇中の曲、すべてが素晴らしい!」、「イントゥ・ジ・アンノウンは、レット・イット・ゴーの様に病みつきになる!」、「オラフがとにかく最高!!」などなど、絶賛のコメントが続々! 期待を超えていく作品になりそうです。

■原題:Frozen2
■全米公開:2019年11月22日
■配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン 
■監督:クリス・バック/ジェニファー・リー
■声の出演:松たか子(エルサ)、神田沙也加(アナ)、武内駿輔(オラフ)、原慎一郎(クリストフ)
■コピーライト:(C) 2019 Disney. All Rights Reserved.

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: ときたたかし) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

access_time create folderエンタメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧