ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

虚淵玄も絶賛!舞台版「PSYCHO-PASS サイコパス Chapter1」動画レポ 11月10日千秋楽はニコ生配信

人気アニメシリーズ『PSYCHO-PASS サイコパス』のストーリーを描く舞台版『PSYCHO-PASS サイコパス Chapter1―犯罪係数―』が品川プリンスホテル ステラボールにて上演中、11月10日に千秋楽を迎えます。千秋楽公演はニコニコ生放送にて生配信されることも決まっています! この記事では、公演の様子を写真と動画でレポート。気になった人は劇場(当日券)または、ニコ生でチェック!

人間のあらゆる心理状態・思考傾向を数値化し監視する巨大システムが治安を維持する近未来の世界を舞台に、犯罪とは何か、正義とは何かを大胆な表現で鋭角的に描いたオリジナルアニメーション作品シリーズ『PSYCHO-PASS サイコパス』。今作は、2012年10月より、フジテレビ“ノイタミナ”ほかにて放送されたテレビアニメ第1期『PSYCHO-PASS サイコパス』のストーリーを原作として、ストーリー原案・脚本を手掛けた虚淵 玄さん(ニトロプラス)の全面監修により上演。

物語は狡噛の昔の部下だった執行官・佐々山とのエピソードを振り返りながら、常守 朱が公安局刑事課一係に配属されるところから始まります。

そして、縢 秀星や征陸智己など懐かしい一係の魅力的な面々が舞台上に現れ、槙島聖護に踊らされる王陵璃華子による猟奇殺人などTVアニメでも印象的な事件が展開してきます。

今年4月には、アニメ版の総監督を務める本広克行氏が演出を手がけたオリジナルキャラとストーリーの『舞台PSYCHO-PASS サイコパス Virtue and Vice』が上演され、そちらもめちゃくちゃ面白かったのですが、本広監督版が少し映画やドラマ的な見え方なら、今回の三浦 香さんの演出はとても演劇的な『PSYCHO-PASS サイコパス』。

映像演出はもちろん、メインキャストの周りでアンサンブルがダンスで心情を表現したり、物語に緩急がつく様子は、ストーリーは『PSYCHO-PASS サイコパス』第1期のまま、1つ新しい世界観が上乗せされた舞台ならではの作品になっています。

久保田さんは会見で、最終稽古を見た虚淵さんから言われた言葉が印象に残っていると言い、「(虚淵さんに)『こんなに面白い本を書いた覚えはない』と言われたのは、我々としては最大の賛辞かなと思っていますし、『早く続きが見たい』という言葉をいただけたのが身に余る光栄だなと思っております」と語りました。

1 2次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき