ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

仏教はオルタナティブである/「誰そ彼」10周年記念 遠藤卓也さんインタビュー

仏教はオルタナティブである/「誰そ彼」10周年記念 遠藤卓也さんインタビュー

神谷町・光明寺の音楽イベント「誰そ彼」がはじまって今年で10年目を迎えました。「誰そ彼」は、「彼岸寺」の松本圭介がお坊さんになって間もないころ、学生時代の友人たちと立ち上げた音楽イベント。また、築地本願寺の「他力本願で行こう」の原型ともなり、全国のお寺に音楽イベントのムーブメントを起こすきっかけにもなりました。

今回は、「誰そ彼」の発案者であり、リーダーでもある遠藤卓也さんにインタビュー。「誰そ彼」への思いを中心にお話をうかがいました。
 

「お寺で音楽を聞いたら絶対気持ちいいよね」
――「誰そ彼」は今年で10年目になるそうですね。最初はどんなふうに始まったのでしょう。

松本(圭介)くんが就活しているから「何をするのかなあ」と思っていたら「お坊さんになったんだ。神谷町のお寺なんだけど、ちょっと来てみない?」と言われて。今回の「誰そ彼 vol.24」フライヤーをデザインした栗本くんと一緒に行ってみたんです。

僕はそれまでお寺に縁がなかったので、「ここで住みこみしてお坊さんやるんだー」って言われても「へー!」って言うしかないじゃないですか? テラスで三人でぼーっとして「ここで音楽聞いたら絶対気持ちいいよね。ブライアン・イーノとか?」「あ、聴きたい!」っていう話になって。

そしたら、松本くんが「じゃあ、そういうのを聴く会をやろう」と言いはじめたんですね。たまたまその当時の仲間に「DJセットをお寺に寄付します」って人が現れたので、松本くんの持っていたスピーカーやアンプをつなげたらDJイベントができる。僕らはもう「お寺でどんな音楽を聴こう?」ってワクワクの気分でした。ジャズはどうだろう? アンビエントはどうだろう? って。それで、企画したのが第一回の「誰そ彼」です。

――へえー!
それでその第一回「誰そ彼」の前日とかに、イギリスで即興音楽をやっていた友人と飲んでいて「明日、お寺でこういうことやるから遊びにきてよ」と誘ったら「オレ、そこで演奏したい」と。さらに、今も「誰そ彼」スタッフをしている齋藤くんが「友達にエレクトロニカ系の音をやっている人がいるから」と言いはじめたので、「じゃあライブイベントにしちゃおう」ということになりました。もうぶっつけ本番です。

最初は、ホームパーティみたいなことをやるつもりだったのに、みんなが友達を呼んで100人くらい集まりました。松本くんがメディアを呼んで記事になったりもして「ああ、これはおもしろいな!」と。

――DJイベントのはずが、偶然の重なりでライブイベントになっちゃった。
そうなんです。2003年の7月が最初で、秋に2回目をやって「お寺のライブイベントとして続けていこう」という話になったときに、向井秀徳さんにオファーしました。向井さんは、その頃ちょうどナンバーガールが終わって、ZAZEN BOYSを始めた頃で「法衣を着たツェッペリン」という触れ込みだったので、ぜひお寺でやってほしいなと思ったんですね。

あまり前から告知すると人が来過ぎて光明寺が大変なことになっちゃうから、前日か前々日に向井さんのウェブサイトだけで告知をしてもらったんですけど、やっぱり100人以上のお客さんが来られました。

彼岸と此岸を渡す架け橋になりたい 

誰そ彼スタッフ

――「誰そ彼」というネーミングはどこから?
民俗学者の柳田國男の本『妖怪談義』の中から取りました。街灯もないような昔の暗い道々では、会う人が村人なのか、旅人なのか、あるいは人間以外のモノなのか見分けがたい。そこですれ違う相手に「誰ぞ、彼?」と呼びかけていたような時間帯を、柳田國男は「誰そ彼(たそがれ)」と呼んでいます。

神谷町はビジネス街ですから、土曜日はゴーストタウンみたいに人がいないんですよ。だけど、そこに暮らす人もいるしお寺もある。その境界線というか、日常と非日常の架け橋として横たわっているのが「誰そ彼」のイメージなんですね。開催する時間帯も5時から9時でちょうど夜に変わっていく黄昏時ですしね。

――仏教との接点については、スタッフのみなさんはどう考えておられたんでしょう。
僕はお寺や仏教に興味はあったし、”日本的なもの”としてなんとなく良い印象は持っていたんですけど、そこにいきなり自分がコミットしていくのはおこがましいのではないかという思いもあって。突然お寺に入っていって音楽イベントをやりはじめて「仏教好きです」とか言い出しちゃう感じは、ちょっと……

――ちょっと調子がいい感じというか?
そうそう。仏教のことは松本くんや小池龍之介くんに任せて、自分たちは音楽イベントに徹するという考えがあったような気がしますね。スタッフの齋藤くんが最初に「ブッセ・ポッセ・イシュー(※「誰そ彼」来場者に配布されるフリーペーパー)」に書いた「彼岸と此岸 行ったり来たり」というコラムが、当時の僕らの精神的な礎となった感じがあるんですけど。

「彼岸寺」の前身にあった「彼岸通信」というお坊さんたちがやっているメディアがあって、東京で暮らす僕らを”此岸”と捉えると、「誰そ彼」はその中間というか。「誰そ彼」での活動はお寺や仏教への架け橋のような存在なんだという思いがあったんですね。スタッフ達もみんなそれにすごく共感していました。

暗くなっていくお寺に音楽が流れていて、一緒に来ている人の顔もよく見えなくなって、ちょっとコミュニケーションが変わる。そういった少し特別な場所を提供するんだという思いがあって。来てくれた方々に「今日はちょっと違ったな」っていう感触を持ってもらえたらすごくうれしいなあと思っています。

ロック布教で仏教のファンに!? 

誰そ彼にて、木原健さんの法話のようす

――「誰そ彼」スタッフのみなさんは、お世話になっている光明寺さんへの恩返しとして大掃除を手伝ったりと、お寺のみなさんとのご縁を深めておられるそうですね。遠藤さんは、仏教についてはどんなふうに思っていますか?
僕自身は野球が好きなわけではないんですけども、野球になぞらえると僕の仏教に対するスタンスは「お気に入りの地元球団をファンとして応援する」みたいな感じでしょうか。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。