体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【2012年06月18日~06月24日あなたの運勢】ガジェ通12星座占い ベスト3

今週の1位

タロット占い『Nikolaschka (ニコラシカ)』が、今週1週間のあなたの運勢を占います。2012年06月18日~06月24日の運勢 星座別ランキングはこちら!

第1位:双子座

地道な活動が実を結ぶとき。華々しく評価されることはないかもしれませんがあなたの積み上げてきたものはしっかりを根を張り周囲の信頼を得ているようです。すぐ目に見える成果に結び付かないからといってヤケにならないこと。新しいことに挑戦するのもオススメ。

第2位:蠍座

ギブアンドテイクの精神を意識すると物事がスムーズに運びそうです。また海外からの情報には特に目を光らせておきましょう。あなたの今後にとってプラスになる話がありそうです。金銭運はやや不調。落し物や忘れ物には用心。あまり深く考えずに思いきることも大事。

第3位:魚座

過去に諦めたことや中断したことに再度着手するのに良い時期です。カンを取り戻したり準備が整うまでしばらくは思いどおりに進まないかもしれませんがそこで辛抱強く取り組む姿勢が満足のいく結果につながるでしょう。物事の外面よりも内面を重視するよう心掛けて。

12星座すべてのランキングを見たい方は、今日のガジェ通12星座占いの全結果をこちら( https://getnews.jp/archives/226162 )からご覧ください。


第4位以下のランキングはこちら!

第4位:牡羊座
あなたを取り巻く環境が物事をうまく運ぶように動き始めあなたに自信をもたらしてくれるでしょう。だからといってただ漫然と周囲がおぜん立てしてくれるのを待つだけでは運気の向上は見込めません。やるべきことをしっかりやっておくと後で楽になります。

第5位:水瓶座
仕事運・勉強運は好調。与えられた役割だけでなく自ら提案するなど意欲的に取り組んで吉。ただし過去におかした失敗を繰り返す可能性が高いので注意が必要。恋愛運はやや不調。相手の話を最後まで聞かずに早合点してしまう傾向にあるようです。落ちつきを大切に。

第6位:射手座
自信を持って物事に率先してあたることで運気が向上していくときです。グループのなかではリーダーシップをとることで高い評価が得られそう。ただし自分の不足や苦手なところが目立つ可能性も。周囲の助けを借りながら克服していくと良い結果につながるでしょう。

第7位:山羊座
早とちりや勇み足で先走っては空回りするようなできごとがありそうです。防ぐためには年上の人の助言にしっかり耳を傾けるようにしましょう。多少厳しい意見や耳の痛いことでも謙虚な気持ちで受け止めることでより一層の成長が得られます。愚痴や不満は控えめに。

第8位:乙女座
直感が冴えているとき。そのぶん他者のアラやミスが目についてしまいそうです。ヒステリックに責めるのではなくどうしてそうなってしまったのか防ぐためにはどうすれば良いのかを一緒に考えるよう心掛けましょう。ウソやごまかしに惑わされない芯の強さを大切に。

第9位:蟹座
正体不明のイライラや不安につきまとわれる週になるかも。マイナス思考に引きずられてしまいそうです。何かに没頭するもよし友達や仲間とにぎやかに過ごすもよし。できるだけひとりで考え込むような時間を持たないようにしましょう。睡眠や食事はしっかりとること。

第10位:獅子座
物事をいろんな面から見るよう心掛けましょう。自分の目で見たことだけでなくさまざまな人たちから意見を聞くようにするとより深い洞察が得られます。ただその際ふざけた言動や遊び半分の態度を見せるとあなた自身の信用を落とすことに。真摯に耳を傾けましょう。

第11位:天秤座
トラブルの後始末や問題の解消などに慌ただしい週となるかもしれません。イライラしてつい言動が攻撃的になりがちですがここはぐっと堪えましょう。感情的になるほどあなたに不利な状況となりそうです。趣味に没頭したり仲間と集うなどストレスを上手に発散して。

第12位:牡牛座
運気は低調気味。今はただじっと運気の回復を待つ時期です。あせってことを起こせばさまざまな軋轢を生むことになりかねません。今のうちに交流を深めておきたい人とじっくり話し合う時間を持つと良い結果につながるでしょう。引越しや模様替えは待ったほうが吉。

占い提供:『Nikolaschka (ニコラシカ)』

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。