ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

LenovoのAndroid 4.0を搭載した合体タブレット「IdeaTab S2110A」がFCCを通過

Lenovoの「IdeaTab S2110A」というタブレット端末がFCCの認証を取得しました。FCC IDは「O57WESTLAKE」。タブレットの名前が今年1月のCESで披露されたキーボードドックとの合体タブレット”IdeaTab S2110”とほぼ同じで、筐体デザインも同じなので、今回の「IdeaTab S2110A」はそれと同一のものと思われます。発売に向けてFCCの認証を取得したのでしょう。認証はWi-Fi 2.4GHz帯、Bluetoothの周波数で取得しています。CESでの公開資料などによると、IdeaTab S2110は10.1インチWXGA解像度のIPS液晶ディスプレイとSnapdragon S4 MSM8960 1.5GHz(デュアルコア)を搭載したAndroid 4.0タブレットで、厚さは8.6mm、質量は580gと比較的薄く軽い筐体仕様、ASUS Transformerのようにキーボードドックに接続するとノートPCとしても使用することができます。FCCの公開写真にキーボードドックは写っていなかったので別売の可能性があります。また、FCCの認証資料によると、バッテリー容量は6,340mAh(リチウムポリマー)。Source : FCC



(juggly.cn)記事関連リンク
ソフトバンク、「AQUOS PHONE 104SH」のソフトウェアアップデートを開始
Xperia acro HD IS12S新色ブルーは6月22日に発売
HTC、中国でHTC Evo 4G LTEデザインの新型スマートフォン「HTC One XC (X720d)」を発売

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。