体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Samsung Galaxy S III GT-I9300開封の儀

『Samsung Galaxy S III GT-I9300』を入手したので早速開封の儀を執り行います。『Galaxy S III』はSamsungが今年5月3日に発表した今年のAndroidスマートフォンフラッグシップモデルで、5月末から販売されています。今回入手したのはその英国版16GBモデルのマーブルホワイト。ブルーを注文したのですが、皆さんもご存知通り英国では発売が遅れていたこともあってホワイトに変更しました(5月末の時点で)。そう、私はPebble Blue難民の一人だったのです。

今回は英国のガジェットショップ Handtecより輸入しました。本体価格は£416.49(約5万2000円)。送料£25(約3000円)。通関手数料は2235円。トータル5万7235円程度です。『Galaxy S III』は昨年の『Galaxy S II』の後継で、Android 4.0(ICS)、新バージョンの『TouchWiz(TouchWiz Nature UX)』、4.8インチ(解像度1280×720p)のHD Super AMOLEDディスプレー、Samsungの1.4GHzクアッドコアプロセッサ(Exynos 4412 1.4GHz、背面に800万画素裏面照射型CMOS(LEDフラッシュ付き)、前面に190万画素裏面照射型CMOS、2100mAhバッテリーを搭載。ワイヤレスHDMI機能(別売のAllShare Castドングルが必要)やワイヤレス充電機能(充電パッドは別売)を備えるほか、近距離無線通信の国際標準規格 NFCにも対応します。本体サイズは136.6mm×70.6mm×8.6 mm、質量は133g。サイズ・質量は『HTC One X』とほぼ同じ。筐体デザインは『Galaxy S II』から大きく変わりましたが、ボタン構成は『Galaxy S II』から変わっていません。

では開封していきます。まずは箱からです。箱はホワイトカラーで、大きさは本体の縦横ぴったりのサイズとなっています。

同梱品は『Galaxy S III』本体、バッテリー(2100mAh)、ホワイトカラーのインイヤータイプのイヤホン(スペアのイヤーピースも同梱)、microUSBケーブル、USB電源アダプタ(UKプラグ)、取扱説明書類。microSDカードは同梱されていませんでした。

カバー・バッテリー一体構造を採用するメーカーが多い中、『Galaxy S III』では従来どおり、どちらも取り外せる構造が採用されています。バッテリー交換や容量拡張バッテリーの利用が可能になりますね。

利用可能なSIMカードはmicroSIMです。外部メモリはmicroSD/microSDHC/micoroSDXC(最大64GB)。手持ちのmicroSDXCカード(64GB)を挿して見ましたが、ちゃんと認識し、読み書きすることができました。

バッテリーを装着するとこんな感じ。バッテリー容量は2100mAhです。容量は結構大きいですね。

初回起動時に現れるセットアップウィザードのUIデザインは新しくなっています。

4.8インチディスプレーを搭載するなど大型化した『Galaxy S III』。『Galaxy S』、『Galaxy S II』と比較するとやっぱりデカいですね。

背面はこんな感じ。光沢感のある表面仕上げなど『Galaxy S』と感じが少し似ています。Samsung端末の特徴とも言える下部のもっこり感は今回は少し控えめ。というかほとんどありません。

『HTC One X』と比較すると、横サイズはほぼ同じ。縦に少し長いです(0.5mmほど)。厚みはほぼ同じ。ほぼ同じサイズということもあり、手にした感触も似ています。

1 2 3 4次のページ
juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。