ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

全国各地の「うんこ」「鼻くそ」お土産を食べ比べ! 日本一ウマいうんこはコレだ! 最強のうんこ決定戦

現在、全国各地で空前の「うんこ」「鼻くそ」お土産ブームが到来しています。

私ノジーマは先日、北海道の根室中標津(ねむろなかしべつ)空港に行ってお土産ショップに立ち寄ったときに特に衝撃を受けたのですが、そこにはうんこ・鼻くそのお土産が集められたコーナーさえありましたからね。

白い恋人よりも、マルセイバターサンドよりも、うんこ&鼻くそ。こんな展開をしても怒られないくらい、うんこと鼻くそのお土産は認知度を高めているといってもいいでしょう。すごい時代になったものです。

全国各地の「うんこ」「鼻くそ」お土産品評会を開催!

というわけで今や全国各地でおなじみとなった「うんこ」「鼻くそ」のお土産ですが、せっかくお土産として誰かに買って帰るのであれば味もちゃんと美味しくあってほしいものですよね。

そこで今回はガジェット通信のオサダ記者、すがふじ記者と一緒に全国各地の「うんこ」「鼻くそ」お土産品評会を開催。日本一ウマいうんこ・鼻くそを決定すべく、YouTubeのライブ配信をしながら食べ比べを行いました。

今回のエントリーは全6品です。

1品目 パンダのうんこ(上野)

1品目は上野駅で購入した「パンダのうんこ」。実にストレートなネーミングです。中身はなにやら創業明治15年の老舗が手づくりで作っている本格的な麩菓子なのだとか。創業した1882年当時はまさか137年後にうんこのお菓子を作ることになるとは思いもしなかったことでしょう。

「どうせ茶色くて太い麩菓子がそのまま入っていて、それをうんことか言ってるんだろ」なんて思いながら開封してみると、中から姿を現したのはおしゃれなモスグリーン色の麩菓子。味はなんと抹茶味のようです。

これ、「パンダのうんこ」なんて名前にしないで無難な商品名にしても十分売れたのでは……?

そんな話で盛り上がった流れでGoogleの画像検索を使って実物のパンダのうんこを検索してみると、その見た目に忠実に作られていることが判明。本物のうんこの画像を見ながら食べてたら最悪の気分になってきました。これを見る前はおしゃれな色だと思ってたのに……。

でも味はコーティングされている抹茶シュガーが上品でいい感じ。それだけにただただ実物を見なきゃよかったと後悔しました。

2品目 ヒグマの鼻くそ(北海道)

続いていただくのは北海道で購入した「ヒグマの鼻くそ」。中身はココアピーナッツのようです。味もなんとなく想像がつきますね。

こちらはピーナッツの実を軽い食感のスナックで包み、さらにココア味でコーティングするという丁寧な作り。サクサクとした食感が非常に食べやすく、ココア味もチョコレートのように重たい感じはなく、甘さもちょうどよくてウマい!

開封したらサクサクポリポリと一瞬で平らげてしまうこと請け合い。これは無難におすすめできるお土産ですね!

3品目 なまはげの鼻くそ(仙台)

たぶん4~5年くらい前にガジェット通信の企画で東北一周したときに購入した「なまはげの鼻くそ」。確か仙台駅構内で買った気がするのですが、本来は秋田のお土産のようですね。

そしてそれだけ以前に購入したということもあり、賞味期限は貫禄の3年半オーバー。味うんぬんよりも問題なく食べられるかどうかの品評になりました。

見た目は「ヒグマの鼻くそ」と同じ。原材料も一緒だったので、中身が同じものを「○○の鼻くそ」として全国各地で販売しているのでしょう。もしかしたら「シーサーの鼻くそ」「西郷ドンの鼻くそ」「大阪のおばちゃんの鼻くそ」なんて商品も発売されているかもしれません(適当)

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき