ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

【給付金晒す】男性が育休取得したらいくらもらえる?リアル算出と損しないためのテク6つ (あたりめブログ)

男性が育休取得したらいくらもらえる?

今回はじゃけおさんのブログ『あたりめブログ』からご寄稿いただきました。

【給付金晒す】男性が育休取得したらいくらもらえる?リアル算出と損しないためのテク6つ (あたりめブログ)

男性が育休取得を検討するにあたっての切実な問題

こんにちは、じゃけおです。
先日こんなツイートをしました。

皆様が育休で金がなくなるだの宣うので給付金晒します。ご参考になれば幸いです。#男の育休 #育休しろ

特にバズったわけでもない(哀)ですが、これについて補足したいと思います。
男性にももっと育休を取ってほしいと思い、いろいろ情報発信をしているのですが、男性が育休を取得しない理由は主に3つあると考えます。

1.収入が減る
2.会社の雰囲気(迷惑がかかる、昇進に影響がある)
3.育児への関心が薄い(面倒だ、もしくは一人いれば問題ないと思っている)

このうち「心情と関係ない」要因である、1の「収入が減る」について、実際どんなもんなのよという話をしたいと思います。あわせて、取得する際に損をしないためのポイントもいくつか取り上げます。
簡単にまとめました。

 
収入はどれくらい減るか

1.会社勤めで収入差の少ない共働きの夫婦が一番育休給付金の恩恵を受ける
2.平均的な収入クラスで、夫が育休を取ると月額4.5万円の収入減になる
3.しかしその穴埋めをして働き続けても時給187円にしかならない

 
知っておくと損しないこと

1.もらえるのに2,3ヶ月かかるのであらかじめ余力を残そう
2.時短勤務は育休を取るよりも6.5万円損する可能性もある
3.育休は月末から月末まで取得する
4.ボーナスが出る月の月末を含める
5.父親のみ、育休を2回取得できる特例がある
6.育休取得前はアピール残業も可

「お金がないから」という込み入った事情

Twitterを見ていると、やはり「夫にも育休をとってほしいけど収入面が不安がある」といったようなツイートは多く見受けられます。
しかしそれは、そもそも男性にも給付金が支給されるという事実を知らないか、もしくは夫である自分に比べてもともと収入の少なかった奥さんへの給付金をベースに考えているから、かもしれません。
ご本人にとって絶対数が多くないのでこれ以上減らしたくないという場合もあるでしょうが……。

もちろん収入は減る。しかしどのくらい減る?

育児休業を取得すると、取得期間中は(会社の特別な福利厚生がない限り)無給になります。しかし、申請すれば育児休業給付金が支給されます。

大前提として育児休業に関する制度は法律で定められており、各企業の就業規則は(原則)関係ありません。また、制度について男女差はありません。男性も女性も等しく受けることができます。

育児休業中に出る育児休業給付金は、最初の180日間は休業開始前の賃金の67%、 以降から1年間までは50%給付されます。
(休業開始前とは具体的には休業開始前の6ヶ月間の平均賃金です。また受取には手続きが必要です)

当然、ある日突然自分の給料が3分の2になったらたいがいの人は困るわけですが、ここにはポイントがあります。あくまで「総支給額」から3分の2であり、なおかつ、「所得税・社会保険料免除」という点です。
一般的に、所得税・社会保険料は総支給額の14~15%を占めており、これを加味すると手取りベースでは8割くらいは確保できるのです。
毎月残業をされてるタイプの方であれば、「あまり残業しなかった月」くらいの感覚だと思います。

詳しくは以前の記事にも書いています↓

「【32歳で月平均23万円】男性の育休取得はメリットしかない件」2018年7月5日『育休パパの子育て記 “あたりめブログ”』
https://a-tarime.blogspot.com/2018/07/3223.html

恩恵を受けやすい人、受けにくい人がいる

本当はすべての旦那さまにおすすめしたいのですが、残念ながら恩恵を受けやすい人と受けにくい人がいるのも事実です。ここも正直に書きます。

まずそもそも「受けられる人」と「受けられない人」がいます。

1 2 3次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき