普通の自転車が電動自転車に変身!世界最小・最軽量のeBikeキット「Swytch」

access_time create folderデジタル・IT

電動自転車を購入しようとしたときに、いま使っている普通の自転車をどうしようか考えたことはないだろうか。そんな人に朗報だ。今回、普通の自転車を電動自転車に変えてくれるキット「Swytch」が登場した。

・コンパクトで軽量、使い方は簡単

ロンドンに本拠を置く自転車会社Swytch Bike社が開発した Swytchは、普通の自転車を電動自転車に変えてくれる便利なキット。

Swytch Bike社は2017年に前身となるSwytchを開発して、クラウドファンディングで約5300万円を資金調達し、世界45か国以上に3000個を販売した実績をもつ。今回は、さらに小さく軽く、パワーアップしての再登場となる。

このキットにはパワーパックとモーター内蔵ホイール、ペダルセンサーとブラケットが含まれる。パワーパックのサイズは横19cm、奥行7cm、高さ12cmとコンパクトで、重量は1,5kgと軽い。パワーパックにはバッテリーとLEDディスプレイが入っており、防水性に優れ、どんな天候でも安心だ。

使い方は簡単。自転車の前輪を取り外して、モーター内蔵ホイールに交換し、2つのペダルセンサーを取付ける。そして、ブラケットを設置して、パワーパックをはめれば準備完了だ。

この特許取得済みのシステムは以下の通り。ペダルをこぐと、ペダルセンサーが検知して信号をパワーパックに送り、パワーパックが前輪に付けられたモーターに送る最適なパワーを計算するのだ。

・航続距離は35km、50km、100km

そして、Swytchは高パフォーマンス。250Wのリチウムイオンバッテリーと最大トルク40Nmのハブモーターで、ペダルをこがずに20%の坂を上れ、ペダルをこぐと30%の坂を上れる。充電時間は3時間で、5つのパワーモードから選択できる。

3種類のパワーパックが用意されており、それぞれ航続距離は35km、50km、100km。最高時速はイギリスで24㎞、アメリカで32㎞となっている。

現在、Indiegogoでキャンペーンを行っており、価格は今なら394ドル(約4万2000円)からで、日本へも250ドル(約2万6000円)追加で配達してくれる。

Swytch/Indiegogo

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト: https://techable.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧