ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • B2takes!小澤廉×祭nine.寺坂頼我 グループ活動する2人が心がけていることは?映画『BD~明智探偵事務所~』撮り下ろしインタビュー
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

普通の自転車が電動自転車に変身!世界最小・最軽量のeBikeキット「Swytch」

電動自転車を購入しようとしたときに、いま使っている普通の自転車をどうしようか考えたことはないだろうか。そんな人に朗報だ。今回、普通の自転車を電動自転車に変えてくれるキット「Swytch」が登場した。

・コンパクトで軽量、使い方は簡単

ロンドンに本拠を置く自転車会社Swytch Bike社が開発した Swytchは、普通の自転車を電動自転車に変えてくれる便利なキット。

Swytch Bike社は2017年に前身となるSwytchを開発して、クラウドファンディングで約5300万円を資金調達し、世界45か国以上に3000個を販売した実績をもつ。今回は、さらに小さく軽く、パワーアップしての再登場となる。

このキットにはパワーパックとモーター内蔵ホイール、ペダルセンサーとブラケットが含まれる。パワーパックのサイズは横19cm、奥行7cm、高さ12cmとコンパクトで、重量は1,5kgと軽い。パワーパックにはバッテリーとLEDディスプレイが入っており、防水性に優れ、どんな天候でも安心だ。

使い方は簡単。自転車の前輪を取り外して、モーター内蔵ホイールに交換し、2つのペダルセンサーを取付ける。そして、ブラケットを設置して、パワーパックをはめれば準備完了だ。

この特許取得済みのシステムは以下の通り。ペダルをこぐと、ペダルセンサーが検知して信号をパワーパックに送り、パワーパックが前輪に付けられたモーターに送る最適なパワーを計算するのだ。

・航続距離は35km、50km、100km

そして、Swytchは高パフォーマンス。250Wのリチウムイオンバッテリーと最大トルク40Nmのハブモーターで、ペダルをこがずに20%の坂を上れ、ペダルをこぐと30%の坂を上れる。充電時間は3時間で、5つのパワーモードから選択できる。

3種類のパワーパックが用意されており、それぞれ航続距離は35km、50km、100km。最高時速はイギリスで24㎞、アメリカで32㎞となっている。

現在、Indiegogoでキャンペーンを行っており、価格は今なら394ドル(約4万2000円)からで、日本へも250ドル(約2万6000円)追加で配達してくれる。

Swytch/Indiegogo

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき