2019年最新版『Shine & Shine juice』意識高い系香港発おしゃれジュース全4種飲み比べ!

access_time create folder生活・趣味

 

日上商事が輸入販売を行う『Shine & Shine juice』は、フルーツを手軽に摂れるライフスタイルを目指した香港発のストレートジュース。インスタ映えするおしゃれなボトルと鮮やかな色で、ドリンクコーナーでもひときわ目を引く存在感だ。だが、おしゃれなのは見た目だけではない。中身は本格フルーツジュース店も驚きの徹底したこだわりが詰め込まれている。新商品の「マンゴーパッション」を含めた全4種類を飲み比べしてその秘密を確かめてみよう。

 

インスタ映えのおしゃれなボトルと鮮やかな液色!甘味料、着色料、保存料、香料不使用のストレート果汁

日上商事株式会社(東京都千代田区)の『Shine & Shine juice』(250mlPET・実勢価格 税込約359円・発売中)は、フルーツ本来の美味しさにこだわったストレート果汁のジュース。2015年12月に日本に上陸して以来、そのシンプルなデザインのボトルと鮮やかなジュースが女子受けし、インスタ映えで話題となった商品だ。

 

ストレート果汁とは砂糖や香料などの添加物を一切使わず、フルーツの持つ甘みや酸味をそのまま楽しめるドリンクのこと。フルーツジュース商品にはこれとは別に濃縮還元タイプが存在するが、この2種類には大きな違いがある。

 

濃縮還元タイプは、現地で絞った果汁を一度乾燥させた後、各地に運ばれ、製造工場で水を加えることで元のジュースに戻す方法のこと。容量や重量の面から輸送コストを抑えられるだけでなく、品質が安定するため、お手頃価格でフルーツジュースを販売できるメリットがある。その反面、乾燥の影響で香りや味が飛んでしまうため、香料等が足されているものも多い。

 

一方、『Shine & Shine juice』はストレート果汁タイプで、現地で絞った果汁を乾燥させずにそのまま使う方法のこと。そのため香りが飛びにくく、フルーツの持つ本来の味を楽しめるメリットがある。商品によってはあえて香料や甘味料を加えているものもあるが、本シリーズは砂糖や香料などの添加物を一切使っていない。濃縮還元タイプと比較すると価格は高くなるが、そのままの味を楽しめるよう様々な工夫が凝らされている。

 

フルーツの味やフレッシュさは?『Shine & Shine juice』全4種類を飲み比べてみた。

『Shine & Shine juice』の最大の特徴は、フルーツの持つ風味や栄養を最大限そのままにしていること。厳選したフルーツは皮を取り除き果肉のみから果汁を絞り出す。殺菌時やボトル充填時には高温で行われるのが一般的だが、それだと酵母菌は死んでしまうのでコールドプレスで行う。沸騰させずに作るので、酵母菌が生きたまま入っていることになるし、タンパク質も変質しない。コールドプレスを謳っていても、そうした最後の段階で煮沸してしまう製品もあるので、注意したい。

 

さらに、鮮度を保つために温度管理も徹底しており、10度以下の冷蔵状態を保ったまま各店舗にまで運ばれる。もちろん冷凍もNGだ。

 

 

現在発売されているのは、「W(ダブル)キウイ」、「オレンジ」、「グレープフルーツ」、さらに8月6日に新発売となった「マンゴーパッション」の4種類。今回はこれらを飲み比べながら『Shine & Shine juice』の魅力を検証してみよう。

 

■『Shine & Shine マンゴーパッション』

まずは、8月6日に新発売となった「マンゴーパッション」から。少し前までマンゴーのみの果汁を使用した「Shine & Shine マンゴー」が発売されていたが、この度パッションフルーツとりんご果汁が加わり夏限定の新フレーバーとして登場した。

1 2 3 4 5 6次のページ
access_time create folder生活・趣味

おためし新商品ナビ

お店に並ぶ新商品を実際に買って、使って、食べて、記事にしています。写真はプロカメラマンが撮影! 楽しいお買い物のナビゲーターとしてご活用ください!

ウェブサイト: http://www.shin-shouhin.com/

TwitterID: Shin_Shouhin_

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧