ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

赤ちゃんは遊びのなかで何を楽しんでいるのか [理論編] (note)

赤ちゃんは遊びのなかで何を楽しんでいるのか

今回は臼井 隆志さんの『note』からご寄稿いただきました。
※元記事タイトルは「赤ちゃんは遊びのなかで何を楽しんでいるのか [理論編(1)]」です。

赤ちゃんは遊びのなかで何を楽しんでいるのか [理論編] (note)

こんにちは、臼井隆志(@TakashiUSUI)です。ここでは「子どもの探索活動」をキーワードに認知・発達・振る舞いについてのリサーチ過程を公開していきます。

(自己紹介はこちら)
「はじめまして」2018年1月6日『note』
https://note.mu/uss_un/n/nb0b87b03c94d

前回の記事*1 では「赤ちゃんは遊びのなかで何を楽しんでいるのか」を知るために、赤ちゃんの観察をはじめたこと、そこから見えてきた赤ちゃんが没入する行動を10個あげてみました。なんとなく「赤ちゃんはいろんなことを考えながら試している!」ということを感じていただけるかと思います。

*1:「赤ちゃんは遊びのなかで何を楽しんでいるのか [ 観察編 ]」2018年1月10日『note』
https://note.mu/uss_un/n/n0859c4992bd8

今回は「赤ちゃんが遊びのなかで何を楽しんでいるのか」という問いに対する考え方を整理していきたいと思います。

文献リサーチ!!!!

ぼくは子育て経験もなければ、発達心理学の専門家でも、認知科学の専門家でもありません。それでも、赤ちゃんと関わる仕事を3年続けています。赤ちゃんの感じている世界を想像することは容易ではありませんが、関わりを続けていくこと、そして赤ちゃんについて発達心理学、認知科学、脳科学、感覚統合理論などなどの書籍を読んでいくことで少しずつ赤ちゃんと何かを共有している実感を得られるようになっていきました。

今回は今まで読んできた書籍の一部をご紹介しますが、雑な紹介なので読み飛ばしていただいてOKです!(赤ちゃんについて学ぶためのブックリストもそのうち作ろうと思います)

(1)『乳幼児の発達 運動・知覚・認知』
「乳幼児の発達―運動・知覚・認知」『amazon.co.jp』
https://www.amazon.co.jp/dp/4788512823/ref=cm_sw_r_cp_ep_dp_9-StAb9CW33X8

まずは、発達心理学の礎を築いたジャン・ピアジェの理論を、その直系の弟子であるジャック・ヴォークレールがまとめた乳幼児の発達についての研究概説。ピアジェの発達段階論における「感覚運動期(0~2歳の乳幼児期)」の説明が特にわかりやすかったです。

そこには「1歳から1歳半頃までのあいだに、ものごとの因果関係を理解していく」という説明が出てきます。あ、そうか、因果関係を理解、、、していないんだ!最初は!と思って、ハッとしたのがこの本でした。(ピアジェの理論については別の記事で詳しく書きます)

(2)『感覚と運動の高次化から見る子ども理解』
「障害児の発達臨床〈1〉感覚と運動の高次化からみた子ども理解」『amazon.co.jp』
https://www.amazon.co.jp/dp/4761407042/ref=cm_sw_r_cp_ep_dp_5.StAbXF7AZ12

ピアジェの理論をつきつめ、モンテッソーリ教育の思想もひきついで「感覚統合理論」としてまとめ、発達障害の臨床に適応させた宇佐川氏の30年以上にわたる研究。「はらばい」「おすわり」といった姿勢の制御から、視覚・聴覚・触覚などで物を認知し、予測し、操作するまでのプロセスを細かい段階にわけています。

特に面白いのは「遊びの始点と終点」という考え方。赤ちゃんの遊びは繰り返しが基本なのですが、それを始点と終点で分節してみるとわかりやすいです。

例えば、寒天つぶし遊びのとき、11ヶ月の男の子が、集中して寒天を指で押す、ぐぐぐぅーっと寒天に力が加わって、ぷちゅっと指が入る。それを見てにカーッと笑う。これを何度も繰り返していたことがあります。(まじで100回ぐらいやるんじゃないかという勢いで、30回ぐらいやってました)ここには、神経を集中して人差し指を立て、寒天に注意を向けるところが始点、指が入ったのを感じてニカーッと笑うところが終点になります。この始点と終点を繰り返します。

今ではこの考え方に則って、赤ちゃんの観察をふりかえるときに、頭の中に録画された赤ちゃんの行為を読み込み、編集ソフトのタイムライン上で始点から終点までトリミングしてループさせるような感覚で、その行為を記述をしています。(感覚統合についても別の記事で。)

(3)「How brain science will change computing」
https://www.ted.com/talks/jeff_hawkins_on_how_brain_science_will_change_computing

これは書籍ではなくTEDから。ここでは脳の主な機能は「記憶と予測」であるといっています。脳は物事のパターンを記憶し、順序を記憶することができるため、「このパターン、この順序に従えば次はこうなる」と予測ができるようになる。だから脳の主な機能は記憶と予測だ、という主張です。(脳についても、今勉強中です…)

なるほど「予測」か。宇佐川先生の本でも登場した「予測」が脳科学の視点からも言われていて、なるほど、と。さきの始点と終点も、因果関係の理解も、予測と確認あってのものか。そして「パターンの記憶」ってピアジェのいう「シェマ」だよな…ぶつぶつ言いながらこの動画の内容を咀嚼していたときに「わかった!」という感じがしたのです。

赤ちゃんは [予測と確認] を楽しんでいる

赤ちゃんが遊びのなかで何をしているのか。日々の観察と、いくつかの理論をひもといて到達した一つの見立ては「赤ちゃんは遊びのなかで[予測と確認]を楽しんでる」ということです。

例えばこんなこと。

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき