ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

世界最強オールブラックスのハカにどう対抗すれば良いのか 2008年のウェールズ戦は異様な雰囲気に包まれた

世界最強オールブラックスのハカにどう対抗すれば良いのか 2008年のウェールズ戦は異様な雰囲気に包まれた

世界最高のラグビー。それはニュージーランド代表(オールブラックス)と言って良いでしょう。そのプレイもさることながら、試合前のウォークライ。いわゆるハカというニュージーランドの先住民族マオリ族の舞踊がファンの人気を博しています。今や、ハカは試合前の儀式として認識されていますが、実はかなりイレギュラーなのです。
ラグビーは、
1 両チーム30人がグラウンドにそれぞれのポジションに着く
2 レフリーが笛を吹く
3 キックオフ(試合開始)
という手順で試合が成立します。ラグビーは規律を重んじるスポーツです。選手はレフリーにほとんど抗議をしない事でも分かると思います。しかし、ニュージーランドは1と2の間に、「ちょっと俺たちの闘志を高まらせる為と相手をリスペクトする為にマオリ族のハカをやらせてくれ」とハカを始める訳ですから。
ハカの歴史は古く(1900年代と言われる)、ニュージーランドを含めた南太平洋のチーム(サモア、フィジー、トンガ)の国と対戦する際はウォークライが前提となっています。
その迫力はテレビ画面で見ても、会場で見ても十分伝わってきます。190cm100kgくらいのラガーマンたちが、相手を睨みつけながらウォークライをする模様は、相手チームの闘志を削ぎかねません。
しかしハカに対して「ふざけんな」と思う、荒々しいチームも当然います。そこでハカに対して最も、凄まじい対抗をした、ある国の「ハカ対策」を挙げてみたいと思います。
参考記事:飛田給熱中行軍! ラグビーワールドカップで死の彷徨 2020東京五輪で観客が熱中症死するこれだけの理由 | TABLO
2008年のウェールズ戦は異様な雰囲気でした。ニュージーランドラグビー史上最高の選手と言われるキャプテン、リッチー・マコゥ(フランカー)を擁しまさにスター集団。ウェールズとの力は圧倒的に差があると言われていました。
試合前、両チームがグラウンドで相対します。オールブラックスはハカの体制を取ります。ウェールズはチームメイトと肩を組むわけでもなくただ、呆然と立ち尽くしているように見えます(後述しますが「呆然」とではなかったのです)。
ハカはリッチー・マコゥの他、怪物と言われたセンター、マア・ノヌーらと共に行われていきます。観客の声援は最高潮に達していきます。そしてハカを躍り終えた後、「それ」は起こりました。
レフリーがボールを蹴りながら、両チームの間に向かって行きます。通常、両チームはハカが終了した時点で各ポジションに散って、試合が始まるのですが、ウェールズの選手は睨むでもなく、一見無表情でずっとその場に立ち尽くしたままです。
オールブラックスの選手たちも「おや?」という感じで、一度ポジショニングしようとしましたがそのままの状態になります。
レフリーは両チームを分けようとしますが、ウェールズは引きません。無表情のまま相手を睨むでもなく、視線をそらさずそのまま立っています。
ここで観客は初めて、異様な事態に気づきます。ハカを見て盛り上がったとは質の違う声援がグラウンドを包みます。
そう、ウェールズは茫然と立ち尽くしていたのではなく、覚悟を決めていたのです。格上のオールプラックスに対して静かな闘志で圧倒していたのです。その様は、まさにウェールズのニックネーム「レッドドラゴン」です。龍が暴れる前に目を覚まし、敵をじっと見つめているかのようでした。
それが約数数10秒続きます。レフリーはオールブラックス、ウェールズに試合を始めるように言いますがウェールズはその場から一歩も引こうとしません。これが殺気というものでしょう。ヤンキーがオラオラするのは全く違う、本物の殺気。静かな闘志を秘めたウェールズの男たちの顔。覚悟を決めたウェールズの選手たちの心情が表情に出ていました。
試合の結果は、下馬評通りオールブラックスの勝利。しかし、この試合で見せたウェールズの気迫はラグビー史上に残るものでした(因みにフランス代表が、センターラインぎりぎりまで迫ったシーンもありましたがウェールズの気迫をここでは取ります)。
ハカは今やすっかり定番となりましたが、こういった、テレビで言う「放送事故」並みのラガーマンたちの意地の張り合いも見たいものです。(文◎編集部 画像は全てYouTubeより)
あわせて読む:お前が言うな? 「ラグビーファンは渋谷の交差点で騒がない」と発言したスリムクラブ真栄田氏に大批判でノーサイドならず | TABLO

関連記事リンク(外部サイト)

タピオカ・ミルクティーを飲み続けた結果、死を覚悟した女性 今から恐ろしい話をします
『売国奴ナンバー』を恐れる富裕層 不買運動続く韓国で「日本車の牙城」 レクサスを襲う新たな試練
金融庁「年金ムリだから自分で2千万円貯金して」が大炎上 ホームレスにならない為にまずやるべきこと

エンタメ
TABLOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき