これって昭和? 日常的な現代日本の風景がノスタルジックに変貌を遂げるモノクロ写真

access_time create folderエンタメ

モノクロ写真専門のフォトグラファー、パク・ハン(Pak Han)さんが撮影した東京の写真は、なぜか昭和の日本に見えてしまうものとなっています。

モノクロだということが多分に影響しているのでしょうが、どれもどこか懐かしさを感じる写真になっています。外国人フォトグラファーのファインダーを通すと、日常的な現代日本の風景も、古き良き時代の日本の哀愁が漂う、ノスタルジックな写真に変貌を遂げてしまうようです。

この投稿をInstagramで見る Pak Han | Photographerさん(@pakhanfoto)がシェアした投稿 – 2018年10月月20日午後5時53分PDT

https://www.instagram.com/p/BpLPybyA_df/
フォークソングが流行していた、1970年代の大学生ってこんな感じだったのでは。

この投稿をInstagramで見る Pak Han | Photographerさん(@pakhanfoto)がシェアした投稿 – 2019年 9月月25日午後12時00分PDT

https://www.instagram.com/p/B22FqnCHuso/
昭和初期とか大正時代のようなワンショット。京都の祇園四条駅ですね。

この投稿をInstagramで見る Pak Han | Photographerさん(@pakhanfoto)がシェアした投稿 – 2017年 9月月25日午後3時34分PDT

1 2次のページ
access_time create folderエンタメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧