「あんスタ」「MonsterZ MATE」「ARP」日本初のVRライブフェス『DIVE XR FESTIVAL』男性キャラユニットレポ

access_time create folderエンタメ

アニメ・ゲームのキャラクターやインターネット空間で活躍するヴァーチャル・シンガー、VTuberや新時代のアイドル、AIらが一堂に会し、現実世界で共演する日本初のライブイベント、没入感型「DIVE XR FESTIVAL supported by SoftBank」が9月22日、23日に幕張メッセで開催されました。日本の人気No.1ヴァーチャル・シンガー初音ミクをはじめ、2日間で総勢33組のヴァーチャルキャラクターが出演した本イベントですが、この記事では男性キャラクターユニットにフォーカスを当てて紹介します。

幕張メッセの1-3ホールに豪華なステージセットを組み行われた「DIVE XR FESTIVAL」。初音ミクのライブでもよく知られる、ステージ上の透過スクリーンに投影された3Dホログラフィックのキャラクターたちのパフォーマンスを目の前で楽しむことができるオールスタンディングのリアルライブです。

男性人気、女性人気のキャラクターが入り交じる今回のフェスでは、ステージ鑑賞にあたり、なんと客席前方(ステージ前)の一部スペースに女性専用エリアを設置! 身長が低く男性が前にいるとステージが見えない……と悲しい思いをする女性陣には嬉しい配慮です。

では、女性向けのCGライブ・VRライブを観まくってきたライターが、今回出演した男性キャラクターユニットをレポート。それぞれの参考動画も一緒にご紹介します。

※すべての画像・動画が表示されない場合はOtajoからご覧ください。
https://otajo.jp/81456[リンク]

デビルズ・パンク・インフェルノ

スマホアプリひっぱりハンティングRPG「モンスターストライク」(通称、モンスト)に登場するキャラクターたちが、本格的な音楽をテーマに活動するスピンオフコンテンツ「モンソニ!」。

その「モンソニ!」で活動する魔界出身のアザゼル(Vo.)、ベルゼブブ(Gt.)、マモン(Ba.)、モロク(Dr.)の4人の悪魔によるロックバンド「デビルズ・パンク・インフェルノ」(通称、デビパン)がこのフェス唯一のバンド形式で参戦。(※VRキャラクター+生バンドという演出は何組かありました)。

メンバーが影響を受けたパンク、メタル、ミクスチャーを基調としたヘヴィーなサウンドで仕上げられた、1stシングル「絶望ドライブ」を披露。

ドラムセットは少し高い位置に設置され、モロク(Dr.)の姿も見えやすく演出。楽器隊の手元にも思わず視線を奪わるバンドならではのパフォーマンスと、赤い照明の中、アザゼル(Vo.)がシャウトを響かせ、会場を煽り盛り上げました!


参考動画:【XFLAG PARK 2019】モンソニ! in XFLAG PARK 2019【モンソニ!|モンスト公式】
https://youtu.be/HkOczBqR6uE?t=1377[YouTube]

WHITEHOLE

バーチャル空間からアクセスしてきたナノとアストロの2人からなる新星ダンスボーカルユニット。2019年9月にバーチャルアイドル/バーチャルTikTokerとして現実世界での活動を始動した彼らは、今回のフェスがライブデビュー!

サイバーチックな衣装に身を包み、小顔で長身のビジュアルで繰り広げる2人でリンクするようなスタイリッシュなダンスで「White hole」を歌い上げ、まさに異空間と現実世界を繋ぐようなパフォーマンスを見せました。


参考動画:WHITEHOLE – White Hole
https://youtu.be/53qtYdGcFHU[YouTube]

1 2 3次のページ
access_time create folderエンタメ

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧