ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

【極秘ゲーム】パックマンの英語表記がPUCKMANからPAC-MANになった理由

pac-man

ナムコの人気ゲーム「パックマン」は世界中で愛されていますが、なかでも主人公のパックマンは、ミッキーマウスやマリオ、ドンキーコングなどの人気キャラクターと並んで知名度が高い存在と言われています。そんなパックマンの英語表記は当初「PUCKMAN」でしたが「PAC-MAN」に変更された経緯があります。

・当初はPUCKMANが正式名称
現在、パックマンのパッケージやタイトル画面には「PAC-MAN」と書かれていますし、それが正式名称です。しかしパックマンが爆発的なヒットで人気を博した当初はPUCKMANが正式名称だった時期があります。

・PAC-MANという名称に改められた説
ではどうして、PUCKMANがPAC-MANに改名されたのか。ナムコが北米でパックマンの展開する際、ライセンス契約をすることになった企業側から「PUCKMANのPを改変されては困る」的な懸念を持たれ、Pが改変されても不適切な表現にならないよう、PAC-MANという名称に改められたという説があります。

・いたずらされても大丈夫?
確かに、いたずらされてPを違う文字にされた場合、不適切な表現に見えてしまう懸念はあります。しかしPAC-MANならば、Pを変えようとも、いたずらされようとも、特に問題はないと思われます(そもそもいたずらは許されない行為ですが)。ネーミングには諸説ありますが、そんな裏話があったのですね。

・どパックマンの新作が発売され続けている
いまや世界的に有名なキャラクターも、そのネーミングには紆余曲折があるのですね。ちなみに、2019年現在も「定期的」と言ってよいほどパックマンの新作が発売され続けています。今後、どんな新しいパックマンの世界を楽しませてくれるのか、これからも楽しみですね。

もっと詳しく読む: パックマンの英語表記がPUCKMANからPAC-MANになった理由(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2019/09/14/game-gokuhi-pacman-news/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき