ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

元祖眠気覚ましガムから、さらに刺激のメントール×とうがらし!? 『ブラックブラック<レッド>パウチ』。数回噛んだら驚愕…!

一度はスーパーやコンビニで見かけたことがあるであろう、元祖目覚ましガム「ブラックブラックガム」のシリーズから『ブラックブラック<レッド>パウチ』が7月30日に発売された。パウチタイプのパッケージで、赤と黒のパンチの効いたデザインが目を引く。メントールととうがらし香料をダブルで使用したガムだと言うから、眠気どころか怠惰な気分も吹き飛ばしそうな勢いである。その実力のほどを試してみたい。

1983年発売のロングセラー商品「ブラックブラック」シリーズ

ブラックブラックは、今や知らない人はいないであろう大手菓子メーカーであるロッテのロングセラー商品だ。ロッテのガムの歴史は長く、1948年にチューインガムの製造から始まり、多くのヒット商品を生み出してきた。

その歴史の中で1983年に、清涼感の強い辛口ミントガムとして「ブラックブラック」が誕生。それ以来ドライブシーンを描いたテレビCMや交通拠点でのサンプリングを経て“眠気スッキリガム”としての地位を確立している。

時代と共に板ガムから粒ガムへ

記者が子供の頃は、「ブラックブラックガム」と言えば板ガムだった。眠気スッキリ!をコンセプトにした強力ミントガムは、友人と根性試し的な感覚で口にした記憶がある。しかし今では粒タイプが主流になり、辛さや刺激も進化している。

手軽なパウチタイプで登場したが刺激は強烈極まる『ブラックブラック<レッド>パウチ』

よく目にするパウチタイプ

『ブラックブラック<レッド>パウチ』(1袋23g当たり42kcal・実勢価格 税込198円・発売中)は、メントールととうがらし香料をダブルで使用することで、ピリピリとした刺激的なガムに仕上がっているという。

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき