ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

初めて食べるのに懐かしい!?沖縄で50年以上愛され続ける即席麺とのコラボカップ麵『オキコラーメンBIG チキン味』発売

 

沖縄のソウルフードともいうべきオキコラーメンをご存知だろうか。チキンベースの懐かしい味わいとまろやかな香りが特徴の袋タイプの即席麺「オキコラーメン」である。今回カップ麵『オキコラーメンBIG チキン味』となって手軽にその味を楽しめるようになった。。

 

昭和レトロなデザインと味わい。優しさのあるチキンスープが心をホッとさせる

オキコラーメンは、1966年にオキコ株式会社(沖縄県中頭郡)が開発した沖縄県初の即席麺。発売当初から多くの県民に愛され続けてきたが、激化の進む即席麺市場に推されて惜しまれながらも1998年に生産を中止した。

 

しかし、多くの県民から復活を望む声があがり、2006年に製造を本土の乾麺メーカーに委託して復刻商品を発売。サイズはマグカップに入る縮小サイズとなったが、税抜158円と手頃な価格となり、おやつから主食まで食べられるご当地即席麺として親しまれている。

今回検証するのは、エースコックとのコラボ商品である『オキコラーメンBIG チキン味』(85g麺78g・希望小売価格 税抜220円・2019年7月1日発売)。袋タイプのオキコラーメンをカップ麵にしてより手軽に食べられるようにしたもの。

パッケージは、赤と白を基調としたレトロ感を引き継いだ昭和風のデザイン。可愛らしい男の子のキャラクターは健在だ。

1本あたりのエネルギーは362kcal、糖質は約52.5g

味わいはオキコラーメンの優しさの再現しながらも、沖縄県民だけでなく誰からも好まれるような安心感のある一杯に仕上げられているとのこと。それではソウルフードとも称されるその味わいを確かめてみよう。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき