ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

身動きが取れない兵士が12日間餓死せず生き延びた理由とは?

軍人
第二次世界大戦時、イギリス軍に所属していたシリル・ジョーンズ氏は、日本軍に反攻するためにインドネシアの島にパラシュートで降りようと試みるも失敗。パラシュートが木に絡みつき身動きが取れなくなった。身動きが取れないにも関わらず、餓死することなく12日後パラシュートのひもをなんとか切り離して脱出することに成功した。彼はどうやって飢えをしのいだのだろうか?

子ザルがバナナを持って来てくれた

saruこれは晩年になってジョーンズ氏自身が語った話である。
シンガポール陥落直後、日本軍に反攻するためインドネシアの島にパラシュートで降りたジョーンズ氏。しかし、不幸にも密林に不時着。パラシュートが木の枝に絡みついてしまい身動きがとれなくなってしまった。体をよじらせてもひもを切ることもできない・・・このままでは餓死してしまう。そう覚悟したとき、ジョーンズ氏の前に現れたのは小さなサル。なんとそのサルはジョーンズ氏にバナナをくれたのだという。
その後12日間、ジョーンズ氏がなんとか体を動かしてひもを切ることができるまで、サルはバナナを運び、ときには竹の若枝をもってきてどうやって食べるかを教えてくれたのだという。
嘘のような話だがジョーンズ氏は「生きるか死ぬか。この12日間の私の運命は、完全にサルに握られていた」と語っている。
【参考】1996年9月18日「毎日新聞 夕刊」

(Written by 山崎健治)

【Nicheee!編集部のイチオシ】

沈没した船の乗組員・・・60時間漂流するも、あるもののおかげで奇跡の生還!
6秒で唐揚げにおせち!? ハチャメチャな「6秒クッキング」が面白すぎる
身分を偽わり裁判官になった脱獄犯がいたって知ってる?

身動きが取れない兵士が12日間餓死せず生き延びた理由とは?
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき