ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

【熱中症対策特集】おいしくて飲みやすく、塩分をしっかり摂れる『美味しいフルーツ味の熱中症対策ウォーター』大集合!

 

毎年多くの命を奪う熱中症。炎天下での不要な外出は避けるようにと国が警告を鳴らすほどの危険な症状だ。今回は各社が発売している熱中症対策飲料をピックアップ。単に水分や塩分を摂取できるだけでなく、美味しく楽しく対策ができるドリンクに注目した『美味しいフルーツ味の熱中症対策ウォーター特集』をお届けする。美味しく効果的に熱中症対策を実施できるなんてなんだかお得かも!

 

そもそもなぜ熱中症は起こるのか。

熱中症とは、暑い環境下で引き起こされる健康障害の総称のこと。主に、熱失神、熱けいれん、熱疲労、熱射病などが挙げられ、失神やけいれん、中枢機能の異常など様々な症状を引き起こす。

 

人は汗をかいて体温調整機能を行い、身体を冷やすことで熱中症(熱失神や熱射病)から身を守っているのだが、驚異的な夏の暑さの前ではこの機能が裏目に出ることがある。汗を放出しすぎて体内の水分が不足し、熱中症(熱疲労)を引き起こしてしまうのだ。

 

これを防ぐために意識的に水を摂るのだが、今度は水を摂り過ぎて体内のミネラルバランス(塩分濃度)が崩れ、またもや熱中症(熱けいれん)となってしまう。

 

実用的な熱中症対策は水分と塩分を適度に摂取すること

手っ取り早い対策は、家から出ずにエアコンの効いた快適な環境で適度な水分を摂りながら1日を過ごすことだが、全人類がそれを行うのは不可能。そこで活躍するのが、熱中症対策飲料というわけ。

 

熱中症対策飲料とは、水に対して適度な塩分が加わった商品のこと。厚生労働省が推奨している濃度は、100mlあたり食塩相当量0.1~0.2gだ。これを小まめに飲むのがポイント。1回あたりコップ1~2杯程度でOKだ。1度に大量に飲んだり体温を下げるためにキンキンに冷やして飲んだりすると別の症状を引き起こすので注意しておこう。熱中症対策のために1L程度は飲んでおきたいところ。

左から、『サントリー天然水 うめソルティ』、『熱中対策水日向夏味』、『グリーンダ・カ・ラ』、『ファンタ よくばりミックス ライチ+ソルト』、『世界のkitchenから ソルティライチ』

熱中症のことを一通りおさらいしたところで、いよいよ本題の熱中症対策飲料特集に移ろう。今回紹介するのは、次の5商品。いずれもスーパーやコンビニで手軽に購入できるものばかりだ。それでは特徴や味わいに注目しながら検証しよう。
サントリー食品インターナショナル『サントリー天然水 うめソルティ』
赤穂化成株式会社『熱中対策水日向夏味』
サントリー食品インターナショナル『グリーンダ・カ・ラ』
コカ・コーラシステム『ファンタ よくばりミックス ライチ+ソルト』
キリンビバレッジ『世界のkitchenから ソルティライチ』

 

サントリー食品インターナショナル『サントリー天然水 うめソルティ』

通年向け商品の多い「サントリー天然水」ブランドからこの夏発売した『サントリー天然水 うめソルティ』。熱中症対策のために梅を意識的に摂っているというユーザーの声を元に、開発された商品だ。

1 2 3 4 5 6 7 8 9次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき