ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

藤岡みなみ|思い立ったがDIY吉日 <vol.33>

藤岡みなみ|思い立ったがDIY吉日 <vol.33>

タレントの藤岡みなみさんが、モノづくりに対してのあれこれをつづるコラム連載!題字ももちろん本人。可愛くもシュールな世界観には、思わず引き込まれちゃいます。今回は、プラ板のアクセサリー作りに挑戦。
藤岡みなみ

ふじおか・みなみ/1988年、兵庫県出身。テレビ番組・CMに出演からラジオパーソナリティ、エッセイストなど、幅広く活動。バンド「藤岡みなみ&ザ・モローンズ」ではボーカルを務める。
ブログ:藤岡みなみ 熊猫百貨店
公式Twitter
公式Instagram

トースターでわくわく、プラ板アクセサリー!


―癒しの”ホヤ 赤ちゃん”。

「“ホヤ赤ちゃん”で検索してみなよ、元気でるよ」。

最近疲れてるんだよねぇと弱音を吐いたわたしに、友人がそう言った。
素直に検索してみると、衝撃が走った(これを読んでいるみなさんもぜひいま、検索してみてください!)。

小学生がボールペンで描いた絵みたいな顔をしており、冗談のようなファンタジーのような、脱力系のかわいさがあるのだ。

厳密に言うと居酒屋メニューでよく目にするあのホヤではなく、ホヤの一種、とのこと。
画像を見てそのゆるい魅力に、心がまあるく癒された。

 

穴あけパンチで先に穴を開けると加工しやすい。


―プラ板で、ホヤの赤ちゃんグッズ作りに挑戦。

あの日から、何かモヤモヤすることがあるたびに、”ホヤ赤ちゃん”で検索している。
ありがとう、ホヤの赤ちゃん。

人間生きていればいろんなことがあるが、いつも胸にホヤの赤ちゃんのようなゆるさを飼っていたいものだ。

その思いが強まり、ホヤの赤ちゃんグッズを作ることにした。あの透明感はきっとプラ板が似合う。

 

思い立ったらすぐ作れるのが魅力です。


―ビールのピアスも作ってしまった。

プラ板にイラストを描いてカットし、オーブントースターで分ほど加熱する。

きゅうぅ、と透明な素材が縮まっていく様子にときめく。
ガラス職人になったような気分だ。
裏からアクリル絵の具などで着色すると立体感が出てすてき。

しかし、ホヤ、ホヤ、と考えていたらついついビールのピアスも一緒に作ってしまった。
ホヤたちには、合わせる顔がない。

Pacomaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき