ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

業者いらず!?自分で楽々補修にチャレンジ『バスボンドQ』を使って綺麗に浴室のタイルを直してしてみた

 

じめじめした梅雨が終わり、カラッと過ごせる季節がやってきた! と思いきや、お風呂場やサッシなどにカビを発見して嫌な気分になっていないだろうか。コニシの家庭用補修材『バスボンドQ』なら、カビが生えてしまったシール(シーリング)の交換を簡単に行うことができる。今回はその使い心地についてご紹介しよう。

 

コツはヘラを使った表面仕上げにアリ。一定の力と角度で綺麗に仕上げる

水回りの補修は確かに大変なもの。普段から小まめに手入れするのは時間も体力も使うし、だからといって気を抜いてしまうとカビが発生してしまう。そのたびに業者を呼んで直していては、お財布を圧迫してしまうのでできれば避けたい。

カビの生えたタイルの間のシール部分。お掃除だけでは簡単には取れない…

コニシ株式会社(大阪市中央区)が発売する『バスボンドQ』(20 / 50 / 100ml・オープン価格・発売中)は、お風呂場の浴槽やタイル目地、洗面台、金属製排水管、シャワーヘッドなどの隙間に施工することで、補修できる防水シール材だ。※20mlは使い切りサイズ

コニシは、黄色い本体に赤いキャップでお馴染みの『ボンド 木工用』や、土木関係の改修・補修事業などを行う老舗企業

これを使えばカビや隙間が発生してしまっても、業者を呼ばずに家庭で簡単に補修できるというわけ。シリコーン100%の『バスボンドQ』は防カビ剤入りなので、今後の手入れも楽になるというおまけつき。

密着性に優れたシリコーンを使用

専門知識や器用さがないと綺麗にできないんじゃないの? と不安になるかもしれないが、記者が実際に使ってみると非常に簡単かつ綺麗に仕上げることができた。その時のコツなども踏まえて使い心地を紹介しよう。

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき