ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

Kaela Kimura 15th Anniversary feat. GUCCI

デビューから15周年を迎える木村カエラがリリースする「いちご」。
インタビューでも語られる通り、ある意味では「木村カエラらしからぬ」言葉と、その根底に流れる自分を愛する感情に胸を打たれる、あいみょんとのコラボ作である“Continue”や、ノルウェーのアート・ロック・バンド:Pom Pokoとの“MUSIC ON, WORLD OFF”、そしてAAAMYYYを作曲に迎えた“clione”など、多くの新基軸が見られる本作。同時にCharaや盟友ともいえる會田茂一など関係性の深いメンツのバックアップも含め、木村カエラの「これまでとこれから」を感じさせるような作品として完成した。
「積み上げてきたものを壊す」作品だと語る今作に込められた思いや、デビューから15周年を迎える現在の彼女を突き動かすものとは。

――今回のインタビューでは定番の質問で恐縮ですが、アーティスト活動15周年を迎えられての心境はいかがでしょうか?

木村カエラ「やっぱりその質問は定番なんですけど(笑)、必ずそう訊かれるということは、15周年というのはやっぱりスゴいことなんだなって、インタビューを受ければ受けるほど実感してきました。デビューしたときは、自分の中では『10年間、歌を続ける』ということが、大きな目標だったんですね。それを超えて今年15年目を迎えられたことはとても嬉しいし、感謝の気持ちでいっぱいです。それは、自分がなにかを成し遂げた、というより、リスナーやオーディエンスっていう、ついてきてくれた人達がいたからだし、そのことを何より実感してます。こうやって素敵なお洋服を着ることができたり、いろんなメディアに取り上げて頂けるという状況があることも、本当にありがたいことだなって」

――活動開始当初、10年というタームを目標として設定された理由は?

木村カエラ「アーティストとしてデビューする時に、『男性アーティストよりも女性アーティストの方が、10年続けるのは難しいよ』と、周りの大人の人達にめちゃくちゃ言われて、ちょっと脅かされるようなことを言われたりもしましたね(笑)」

――すごく悲しい意見のぶつけられ方ですね。

長場「実は今、その先生がトルコから日本に来ていて、昨日は30年ぶりに再会したんです。当時から一度も会っていなかった
木村カエラ「女性に対してのそういう目線や意見は、いまはその当時よりは多少なりとも少なくはなっているのかもしれないけど、まだ存在すると思うし、女性はそういう風に見られがちですよ。やっぱり。それは日本でも海外でも。だからこそ『そうはさせるか! バカ言うんじゃねえ!』って思ってたし(笑)、デビュー曲の“Level42”でも、『see yourself in 10 years』と歌ってるんですね」

――あの曲自体がとても未来志向だったのには、そういう思いが込められていたんですね。

木村カエラ「はい。だから、そういう(女性アーティストのキャリアを軽く見るような)声をギャフンと言わせたいという気持ちはずっと持っていたし、10周年の時には『ほら、できたでしょ!』ってことを見せたいという気持ちもあって。でも、その揺り返しだったのか、10周年を終えたあとに、抜け殻みたいになってしまって」イラストではなく、家具や空間デザインの勉強をしていました」

――そうだったんですね。

木村カエラ「物事を長く続けると、そこでの自分の好きなこと、嫌いなこと、いろんなことをやり尽くしちゃうじゃないですか。なにかやっても『こうなったらこうなるな』ということが予想できたり、見えてきちゃう。その中で、10周年を終えたタイミングで何をすればいいのか、何をすれば自分らしくあるのかというのが、見えているし、どうすればいいのかもわかってるんだけど、そこに向かう“気力”が無くなっちゃったんですよね」

1 2 3 4 5次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき