ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

CUBERSのTAKAが来年1月放送の「チョコレート戦争」で初のテレビドラマ出演

CUBERSのTAKAが来年1月放送の「チョコレート戦争」で初のテレビドラマ出演

今年の5月につんく♂作詞・作曲でキングレコードよりメジャーデビューを果たしたボーイズグループ”CUBERS”のTAKAが、2020年1月よりテレビ神奈川にて放送される「チョコレート戦争〜朝に道を聞かば夕べに死すとも可なり〜」(全12話)で初のテレビドラマ出演が決定した。

TAKAは「僕自身、舞台のお仕事をするようになってから、映像にも挑戦したいという気持ちが強く芽生え、こうした形で出演できることを本当に嬉しく思います。初のドラマ作品できっと一生心に残る作品になると思うので、精一杯頑張りたいと思います。」と意気込みを語っている。

本ドラマで主演を務めるのは「おそ松さん」シリーズや、「あんさんぶるスターズ!」シリーズなど数々の人気舞台に出演し、最近ではバラエティ番組への出演や声優としても活動するなど、活躍の幅を広げている小澤廉。比較的可愛らしい役柄を多く演じてきた小澤廉だが、今回は性格も暗く、生徒からもバカにされているという高校教師役を演じる。
本作は、そんな冴えない教師が高校を舞台に起こったある事件の真実を解き明かして行くというサスペンスストーリー。対する生徒役として、立石俊樹、小南光司、古谷大和、星元裕月、TAKA(CUBERS)と舞台を中心に様々な分野で活躍する人気の若手俳優陣の出演。脚本・監督を務めるのは、映画「Please Please Please」「Sea Opening/シー・オープニング」や、テレビドラマ「ディキータマリモット〜オウセンの若者たち〜」などで知られ、舞台で活躍する若手俳優たちから新たな魅力を引き出すことに定評のある堀内博志。今が旬の俳優を起用しつつ、ありふれた青春物語に留まらないドラマになる予定だ。 (内)

【TAKAコメント】
この度、「チョコレート戦争〜朝に道を聞かば夕べに死すとも可なり〜」で初めてドラマに出演させていただく事になりました。共演者やスタッフの皆さんと良い作品に出来ればと思っています。
僕自身、舞台のお仕事をするようになってから、映像にも挑戦したいという気持ちが強く芽生え、こうした形で出演できることを本当に嬉しく思います。初のドラマ作品できっと一生心に残る作品になると思うので、精一杯頑張りたいと思います。

【テレビドラマ詳細】
・「チョコレート戦争〜朝に道を聞かば夕べに死すとも可なり〜」あらすじ
私立百瀬学園。芸能活動を希望する生徒に向けた、“スタークラス”と呼ばれる芸能クラスを備え、毎年バレンタインデイが重要なイベントとされている。その日に一番多くのチョコレートをもらった男子生徒は人気No.1“キング”と呼ばれ、先の芸能活動も保証されるからである。しかし今年の2月14日、事件は起こった。“キング”確定と噂されていた生徒・篠田康太(立石俊樹)が誰かからの毒入りチョコレートが原因で、死亡してしまう。篠田のクラスの副担任・仁科智也(小澤廉)は、篠田が所属していた学園内アイドルユニット“Dust Kiss”のメンバー、吉川優(小南光司)、村木乃亜(古谷大和)、宮田健介(星元裕月)、小暮海斗(TAKA)に話を聞いて行くが……。
果たして誰が、毒入りチョコレートを渡したのか。様々な憶測や疑惑がうごめく学園で“Dust Kiss”のメンバー、それを取り巻く女生徒や教師たちの隠された事実が次々にあぶり出されて行く。
誰かが言った「チョコレート戦争が始まった」と……。

監督・脚本:堀内博志
出演:小澤廉、立石俊樹、小南光司、古谷大和、星元裕月、TAKA(CUBERS) 他
放送:2020年1月
放送局:テレビ神奈川
公式ツイッター:https://twitter.com/chocolate_wars
公式サイト:http://www.tvk-yokohama.com/chocolate/
製作:「チョコレート戦争」製作委員会

【CUBERS 関連URL】
HP:http://cubers.jp/
Twitter :@cubers_official
BLOG http://lineblog.me/cubers_official/

エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき