ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • [予告解禁]原点にして最高峰 ポケモン映画『ミュウツーの逆襲』がフル3DCGで蘇る!ミュウツー役は市村正親
  • 映画『グランド・マスター』ウォン・カーウァイ監督インタビュー「なぜ今カンフーなのか?」
  • あの“ウェルウェル……”が帰って来る! ディズニー映画大渋滞の2019年『マレフィセント2』が10月に日米同時公開
  • 新たなスパイダーマンの誕生となる『スパイダーマン:スパイダーバース』日本公開が3月8日に決定! コミコン限定ムビチケも
  • 第28回東京国際映画祭のラインアップ発表会に竹内結子らが出席
  • 『カメラを止めるな!』原案舞台のDVDが発売中止に 原権利者が申し入れ
  • 斎藤工インタビュー『麻雀放浪記2020』~「摩擦をおそれず、自分の心の凹凸(おうとつ)と向き合ってほしい」
  • 平田広明&KENNお揃いTシャツで登場! 『宇宙兄弟#0』は「エンドロールに驚きの仕掛け」[オタ女]
  • 【動画】映画『トレインスポッティング2』、ユアン・マクレガーと元悪ガキたちが再集結するトレーラーが公開
  • 『薔薇色のブー子』福田雄一監督インタビュー「指原とユースケは大分が産んだテキトウ二大巨頭」
  • ママ「誕生日プレゼントはチェーンソーだよ」 映画『レザーフェイス―悪魔のいけにえ』衝撃の日本版予告編解禁[ホラー通信]
  • 大好きな母に愛されなかった少年の切なく強い実話 映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』11月16日公開決定
  • 【独占情報】リー・ビンビン、サメ映画『Meg(原題)』へ出演交渉中
  • 実写版『AKIRA(アキラ)』は2021年5月公開 監督はタイカ・ワイティティ
  • シルヴェスター・スタローン、映画『クリード チャンプを継ぐ男』続編が2018年に撮影予定と語る
  • レディコミ並みの官能の世界 映画「スリーピング・ビューティー」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

自然調和型のコンサートホール! ソーラーパネルで電力を賄う施設、チェコで建設へ

チェコ共和国第三の都市、オストラバのコンサートホール建設プロジェクトで、日本企業が参加したチームによる斬新性と機能性を備えたデザインが選ばれた。

上空から見ると涙のような形状をしていて、屋根にはソーラーパネルを搭載。ここでの発電で施設の電力を賄うという環境配慮型の施設で、オストラバのランドマーク的存在となりそうだ。

・1300人収容

このデザインには、永田音響設計(東京)が携わっている。建築音響コンサルティングのパイオニアである同社が、Steven Holl Architects(米国)、Archtecture Acts(プラハ)とともに設計した。

ホールは1300人収容となかなかの規模で、現存する文化施設の間に入り込むような形で建設される。

建物の屋根にはソーラーパネルが配置され、施設で使用する電力を賄う。また、ホールは道路に面しているが、建物の裏側には雨水を貯める貯水プールがある。この水を熱交換システムに使って建物を冷やすという、全体的に環境に優しいつくりとなっている。

・ヤナーチェクに包まれる

内部はというと、自然光が取り入れられるよう大きな天井窓があるほか、建物の正面と奥は一面ガラス張りになっているなど、見た目にかなりモダンで優雅だ。

またホールのレイアウトやインテリアはチェコを代表する作曲家でオストラバで亡くなったレオシュ・ヤナーチェクにインスパイアされたものになっているとのこと。ちなみに、このホールはヤナーチェク交響楽団の“ホーム”となる。

計画通りにいけば2023年に完成する見込みのこのホール。音楽ファン、そして建築ファンもひきつけるものとなりそうだ。

Steven Holl Architects

(文・Mizoguchi)

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき