ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

自然調和型のコンサートホール! ソーラーパネルで電力を賄う施設、チェコで建設へ

チェコ共和国第三の都市、オストラバのコンサートホール建設プロジェクトで、日本企業が参加したチームによる斬新性と機能性を備えたデザインが選ばれた。

上空から見ると涙のような形状をしていて、屋根にはソーラーパネルを搭載。ここでの発電で施設の電力を賄うという環境配慮型の施設で、オストラバのランドマーク的存在となりそうだ。

・1300人収容

このデザインには、永田音響設計(東京)が携わっている。建築音響コンサルティングのパイオニアである同社が、Steven Holl Architects(米国)、Archtecture Acts(プラハ)とともに設計した。

ホールは1300人収容となかなかの規模で、現存する文化施設の間に入り込むような形で建設される。

建物の屋根にはソーラーパネルが配置され、施設で使用する電力を賄う。また、ホールは道路に面しているが、建物の裏側には雨水を貯める貯水プールがある。この水を熱交換システムに使って建物を冷やすという、全体的に環境に優しいつくりとなっている。

・ヤナーチェクに包まれる

内部はというと、自然光が取り入れられるよう大きな天井窓があるほか、建物の正面と奥は一面ガラス張りになっているなど、見た目にかなりモダンで優雅だ。

またホールのレイアウトやインテリアはチェコを代表する作曲家でオストラバで亡くなったレオシュ・ヤナーチェクにインスパイアされたものになっているとのこと。ちなみに、このホールはヤナーチェク交響楽団の“ホーム”となる。

計画通りにいけば2023年に完成する見込みのこのホール。音楽ファン、そして建築ファンもひきつけるものとなりそうだ。

Steven Holl Architects

(文・Mizoguchi)

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき